Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004



【データベース】  ●液晶価格トレンド   ●中国液晶工場投資   ●有機EL工場・投資一覧  ● 液晶・有機EL業界地図
【企業研究】   ●サムスンディスプレイ   ●BOE (京東方)     ●ジャパンディスプレイ   ● NLTテクノロシ゚ー
【FPD関連企業】 ●銘柄株価一覧  

アップル、iPhone 14のインド生産ついに開始

アップルがスマートフォンの最新モデル「iPhone 14」のインド生産を開始したことを明らかにした。米CNBCや米テッククランチなどが9月26日に報じた。

 ■ 鴻海が南部チェンナイ近郊で製造  

同社は声明で「新しいiPhone 14のラインナップには、革新的な新技術と重要な安全機能が導入されています。インドでiPhone 14を製造できることに興奮しています」と述べた。  
CNBCによると、アップルの主要サプライヤーである、台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手、鴻海(ホンハイ)精密工業が、インド南部チェンナイ近郊のスリペルブデュールに持つ工場でiPhone 14シリーズを製造している。





続きを読む

日亜化学、植物工場や殺菌装置向け高出力LED

発光ダイオード(LED)大手の日亜化学工業は温室型の植物工場や大型の殺菌装置向けに高出力のLEDを製品化した。太陽光とLED照明を併用するタイプの植物工場向けに、明るさを従来品の4倍強に引き上げた。殺菌力の高い波長280ナノ(ナノは10億分の1)メートルの深紫外線LEDでは光出力を従来の1.8倍に高め、空気清浄機や浄水装置向けに量産を始める

 日亜化学は今春、植物工場向けのLED市場に参入した。「ホルティソリス」のブランドで、まずは建物内に棚を設けて人工光だけで葉物野菜を育てる閉鎖型工場向けのLEDを投入。このほど量産を始めた第2弾は、昼間は太陽光を使い、夜間はLED照明で生育を促す温室型の工場向けを主に想定している。トマトやイチゴなど幅広い作物に対応できる。





続きを読む

シャープとE Ink、IGZO採用の「次世代電子ペーパー」

eink-sharp_sE Inkとシャープディスプレイテクノロジー(SDTC)は協業し、電子書籍リーダーや電子ノートに利用される電子ペーパーモジュールに、SDTC製IGZOバックプレーンを採用することを発表した。

 E Inkは10年以上前から、電子泳動技術への酸化物TFTの活用を検討。同技術を用いた電子ペーパー製品の拡大を予定している。酸化物TFTは、2012年にシャープが「IGZO」としてディスプレイ向けの量産に成功。
高い移動度(特定材料中での電子の移動しやすさ)やトランジスタの低いリーク電流により、より小さいトランジスタで同じ電流を供給できるようになり、ディスプレイとしてより高速なスイッチングが可能かつ低消費電力な製品が開発可能になった。





続きを読む

シャープとE Ink、次世代電子ペーパー向けのIGZOバックプレーンで協業

シャープディスプレイテクノロジー(SDTC)と、電子ペーパー世界最大手のE Ink Holdingsは、今後相互に協力し、電子書籍リーダーや電子ノートに利用される電子ペーパーモジュールに、SDTC製のIGZO(酸化物半導体)バックプレーンを採用すると9月27日に発表した。

 今回の協業に基づく次世代電子ペーパーを、10月18日~21日に幕張メッセで開催される「CEATEC 2022」に出展予定。大きさと解像度は8型/300ppiで、画像更新時間はモノクロ(白/黒)表示で0.35秒、カラー表示で0.5~1.5秒となる。動作温度は0~50度。
 バックプレーンはディスプレイの表示信号を制御するための基板回路。

IGZO(酸化インジウム・ガリウム・亜鉛)はシャープが世界で初めて量産化に成功した透明な酸化物半導体で、液晶などのディスプレイを駆動するTFT(薄膜トランジスタ)の材料として、さまざまなデバイスで用いられている。





続きを読む

インド製半導体は夢か現実か 工場建設計画に期待と不安

インドで半導体の国内生産計画が動き出した。インドの資源大手のベダンタは13日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)と半導体・液晶の合弁工場を西部グジャラート州に建設すると発表した。

インドは半導体産業の育成に出遅れてきただけに、政界や地元では自国生産への期待が急速に高まっている。もっとも、事業主体について不安が残り、工場が順調に立ち上がるかどうかは不透明だ。

「インドが半導体という重要分野で自給するための大きな一歩となる」。ベダンタは13日の声明で、グジャラート州の半導体・液晶工場の意義をこう強調した。同社によると、総投資額は1兆5400億ルピー(約2兆8000億円)で、10万人の雇用創出効果があると試算。回路線幅28ナノ(ナノは10億分の1)メートルの製品の生産を想定し、2年内の建設を検討しているという。





続きを読む

“液晶のシャープ”を作った佐々木正が79歳から目指した新「産業のコメ」開発

1e8493737f219251996シャープの元副社長として同社を世界的な電機メーカーに育てた佐々木正(1915年5月12日~2018年1月31日)。「ロケット・ササキ」の異名を持つエンジニアだ。

 少年時代を台湾で過ごし、旧制台北高等学校では卒業研究として、マンゴーとリンゴを接ぎ木してマンゴーの品種改良に取り組んだ。熱帯の果物であるマンゴーと北方のリンゴを掛け合わせるのは至難の業だが、研究の結果、見事に成功させ、リンゴのような形をしたマンゴー「リンゴマンゴー」を生み出した(いわゆるアップルマンゴーとは別)。

 このとき佐々木は、「異質なものが融合すれば、必ず新たな価値が生まれる」という信念を得たという。その確信は「共創」という言葉で後々語られるようになる。






続きを読む

有機EL、テレビやスマホの主役に 薄く軽く上位機種で ノーベル技術 迫る一歩

今では誰もが知る有機ELの性能を実用レベルに引き上げた米イーストマン・コダックの元研究員のチン・W・タン氏はノーベル賞の候補だ。1950年代に発見された有機ELは今では、テレビやスマートフォンのディスプレーの主役になりつつある。

 米アップルが16日に発売したiPhone14には当たり前のように有機ELが採用された。輝度が上がり屋外でも見やすい。アップルは2017年から有機ELの採用を始めている。
韓国サムスン電子などが販売するディスプレー部分を折り畳みできるスマホにも、加工性に優れる有機ELは欠かせない。近年は任天堂の「ニンテンドースイッチ」などのゲーム機にも採用され、需要が拡大している。テレビでは大型の上位機種で普及が進む。

有機ELディスプレーは素子が発光する「自発光型」で、バックライトが必要な液晶ディスプレーに比べてコントラスト(明暗)比が優れ、美しい映像を表現できるほか、軽くて薄い。有機材料は柔軟性があり、曲げられる製品も作れる。






続きを読む

大阪府堺市で延べ9.3万m2の物流施設が着工、日本GLP

kn162715glp2日本GLPは、シャープから購入した大阪府堺市堺区の用地で物流施設「GLP SJL堺」を開発することを2022年9月16日に発表した。  

開発地は、阪神高速4号湾岸線と阪神高速6号大和川線の「三宝ジャンクション(JCT)」から約3.5キロに立地し、輸配送拠点である大阪南港からも約10キロの場所にあり、配送業者の営業所も近くに存在し、交通利便性に優れる。  

GLP SJL堺は、鴻海(ホンハイ)グループでグローバルに物流関連業務と物流ソリューション業務を展開するJusda Supply Chain Management(JUSDA)、JUSDAがシャープと合弁で設立したシャープジャスダロジスティクス(SJL社)、日本GLPの3社で組成したジョイントベンチャーによって開発され、竣工後はSJLの専用施設として稼働する。





続きを読む

台湾】友達(AUO)、高雄に研究開発センター開設

china smartphone 1_r
台湾液晶パネル大手の友達光電(AUO)は22日、高雄市に研究開発(R&D)センターを開設したと発表した。
研究開発人員を300人確保し、台湾で加速するデジタル化やスマート化への対応を急ぐ。





続きを読む

アップル、グーグル…アメリカの大企業がいま業績の「急ブレーキ」に苦悶しているワケ

9月19日、アップルは“アップストア”で扱う有料アプリと、アプリ内課金の値上げを発表した。 今回は、自動更新のサブスクリプションサービスは対象外になるものの、早ければ10月5日から、ユーロ圏加盟国、わが国、チリ、エジプト、マレーシア、韓国、スウェーデンなどで値上げが実施される。
最大の要因は、急激なドル高による収益の目減りを補うためだろう。
リーマンショック後、アップルなどの多国籍企業は、海外での収益を増やしてきた。 米ドルの為替レートが安定していれば、海外の売り上げ増加に伴い業績は拡大する。 しかし、足許、世界のスマホ需要は減少している。






続きを読む

ドンキの4K対応チューナーレスTV好調。ユーザーからのダメ出しで製品進化

「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)がメディア向けにプライベートブランド商品の体験会を実施。8月に発売されたチューナーレス4Kテレビや、ユーザーの「ダメ出し」を元に改良を施した見守りカメラの新製品などが展示された。

ドン・キホーテでは、オリジナルブランド「情熱価格」を展開中。OSにAndroid TVを採用し、チューナーを非搭載とした「チューナーレススマートテレビ」を2021年12月より発売し、今年8月には4K対応モデルもラインアップした。4Kモデルは50型(43,780円)と43型(38,280円)の2サイズを用意し、フルHDモデルは32型(27,280円)、24型(21,780円)を販売する。

このチューナーレステレビは、サイズやパネル解像度、搭載OSなどのスペックを、PPIH側から注文して開発されたという。販売状況については、’21年12月発売のモデルのような爆発力はないものの、概ね好調とのこと。





続きを読む

香港経済人も嗤う「円の実力は1ドル50円、いまの日本はバーゲンセール中」

dde07f8f4119226
記者「自国の通貨を半減させて、評価された中央銀行総裁がいるんですか?」
黒田東彦総裁「半減させていません。日本の賃金上昇率は1%未満で、安定的・持続的なインフレ率2%目標も達成されていません。今後とも引き続き、緩和政策を続けていきます」
記者「国民がこれだけ苦しんでいるのに、行き過ぎた円安の責任を感じたことはないんですか?」
黒田総裁「ありません。欧米の物価上昇率は8~10%で、わが国は足元(8月)2.8%。そうした状況をよく考えてほしい」
FRBは今回、今年のアメリカのGDP成長率予測を、従来の1.7%から、0.2%へと大幅下降修正した。だが、こうした犠牲を払っても、もはや背に腹は代えられないというのが、米欧の考えだ。  それを日本だけは、黒田総裁が「ゼロ金利政策」にこだわる姿勢を、改めて明確に示した。こうしたこともあって、22日の東京外国為替市場では、24年1カ月ぶりに、1ドル=145円を突破した。






続きを読む

世界的ベストセラー『ザ・ゴール』著者が見た日本の強み 諦めない経営が企業をもっと強くする

『ザ・ゴール』(ダイヤモンド社)は全世界で1000万人を超える読者がいるとされ、2001年に発売された日本語版は、20年以上が経った今も通販サイトのアマゾンでナンバーワンのベストセラー(企業再生カテゴリー)となっている。
世界的経営コンサルタントとして活躍した著者のエリヤフ・ゴールドラット博士から直々に薫陶を受けた、ゴールドラットジャパン最高経営責任者(CEO)岸良裕司氏に日本企業再興のヒントを聞いた。

編集部(以下、──)ゴールドラット博士が1984年に米国で『THE GOAL』を発表してから2001年まで和訳を許可しなかった理由とは何か。

ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か [ エリヤフ・M.ゴールドラット ]
ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か [ エリヤフ・M.ゴールドラット ]





続きを読む

「Apple Watch Ultra」はAppleがたどり着いた究極の時計だ

ht0921_no00これまで、AppleはApple Watchの高級モデルのあり方を求め、さまざまな方向性を模索してきた。

 エルメスとのコラボモデルは大きな成果を果たしたものの、金などの貴金属やセラミックなど素材で高級感を狙ったモデルは、一定の需要は築けたが成功とは言い難かったかもしれない。

 しかし、ここへきて、ついに求められていた本当の答えをつかんだ気がする。 それは、「Apple Watch Ultra」のことだ。





続きを読む

LG系、Apple依存強まる 「第2のJDI」リスクも

Screenshot 2022-09-22 07.22.05韓国電子部品大手LGイノテックの米アップルへの依存度が高まっている。直近ではiPhone向けカメラモジュールで売上高が1兆円超と、全体の75%を占める。受注拡大を見越して7月には1兆4000億ウォン(約1450億円)の増産投資も決めた。アップルに傾倒するLGイノテックの現状は、液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)のかつての姿と重なる。

韓国南東部の亀尾市のLGイノテックの主力拠点では、今秋発売の「iPhone14」向けのカメラモジュール生産の最盛期を迎えている。サプライヤーによると今年の受注量は、前年比5割増だった昨年をさらに上回るという。

カメラモジュールは、イメージセンサーやレンズ、補正部品などを組み合わせたスマホの主要部品。iPhoneではLGイノテックとシャープ、中国欧菲光集団(オーフィルム)の3社が供給を担ってきた。





続きを読む

iPhone14 Pro用ディスプレイ緊急受注のSamsung、ディスプレイドライバIC(DDI)の調達強化

iPhone14 Proシリーズ用ディスプレイをAppleから約2,000万枚緊急受注するなど、有機EL(OLED)ディスプレイの製造が好調なSamsungが、増産を目的としてディスプレイドライバIC(DDI)の調達を強化すると、The Elecが報じました。

Samsungは、OLEDディスプレイの製造数をウエハー換算で現在の月産1万3,000万枚から、2023年中に月産1万5,000万枚へと引き上げる予定です。
それに伴い必要となるDDIを確保するため、製造委託先の台湾UMCに対して増産を依頼します。





続きを読む

家電大手「ハイセンス」、中国テレビの輸出をけん引 北米でシェア12%に

a87_img_000中国テレビ業界は第3四半期(7~9月)に入り、海外市場が販売の最盛期を迎え、多くの企業は受注がいっぱいで、中・高価格帯テレビは特に増加の勢いが顕著である。中国のテレビ業界をリードする海信(ハイセンス)ブランドは、海外市場で人気を博している。

中国家電大手、海信集団(ハイセンス)の傘下で「ハイセンス」ブランドのテレビなどを手掛ける海信視像科技の李敏華(り・びんか)助理副総裁によると、「ハイセンス」ブランドテレビの世界販売台数は今年に入ってから大幅に増加し、上半期(1~6月)の出荷台数は前年同期比で2桁増となり、海外市場の中・高価格帯テレビの販売台数は60%増えた。





続きを読む

【自動翻訳記事】ミニLEDカラーテレビは流行らない、今後のカラーテレビの模様を語る

2022年半ば、カラーテレビ市場はどうなる?もちろん、量も価格もまだまだ下がり続けています。
これに基づいて、過去2年間にメーカーが熱心に宣伝したミニLEDバックライト製品は、まだ市場成長の重荷を背負っていないようです。 Aowei Cloudのレポートによると、2022年上半期には、ミニLED TV市場が0.6%を占め、販売台数は10万台を超え、OLED TVは0.7%、8K TVは0.3%…3つの新しい技術は「スケールが足りない」と表現できます。

さらに、Aowei は、ミニ LED 製品の市場規模が年間を通じて 250,000 ユニットになると予想しています。 Da Pingjun は、これは恥ずかしい結果だと感じました。
上半期はミニLEDの新製品がかなり出て、55インチの製品も初めて5K台を割り込んだからです。カラーテレビ各社の主力製品のほとんどは、マーケティング資源の半分以上をミニ LED に振り向けている。ベース。" この点で、ミニ LED は本当にカラー テレビの未来なのでしょうか。





続きを読む

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本] ・フラットパネル資料館


電子ディスプレーメーカー計画総覧(2018年度版)


















カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • シャープとE Ink、IGZO採用の「次世代電子ペーパー」
  • “液晶のシャープ”を作った佐々木正が79歳から目指した新「産業のコメ」開発
  • 大阪府堺市で延べ9.3万m2の物流施設が着工、日本GLP
  • 台湾】友達(AUO)、高雄に研究開発センター開設
  • 香港経済人も嗤う「円の実力は1ドル50円、いまの日本はバーゲンセール中」
  • 「Apple Watch Ultra」はAppleがたどり着いた究極の時計だ
  • LG系、Apple依存強まる 「第2のJDI」リスクも
  • 家電大手「ハイセンス」、中国テレビの輸出をけん引 北米でシェア12%に
  • 【自動翻訳記事】500以上のパーティション、XDRレベルのミニLED TV Hisense E8Hが先行販売を開始
  • 【自動翻訳記事】500以上のパーティション、XDRレベルのミニLED TV Hisense E8Hが先行販売を開始
  • 1920×515と細長の可搬ディスプレー「LCD12HCV-IPSW」、何に使えるか
  • 独メルク、「電子技術中国センター」稼働 有機EL材料生産拠点も
  • LG電子、世界最大の大きさ97型のOLEDテレビ発売開始
  • アマゾンが新Kindle発表。3倍の高精細やUSB-C対応、容量倍増など大幅アップデート
  • 印ベダンタと鴻海、合弁工場は印西部に 半導体・液晶
  • キヤノン初の業務用27型4K「DP-V2730」。最大・全白輝度1,000nit
  • サムスンの折りたたみスマホGalaxy Z Fold4」と「Galaxy Z Flip4」を9月29日発売
  • アップル、新型スマホ「iPhone 14」発表 9月16日発売、価格は11万9800円から
  • テレビって進化してるの?「7年前のブラビア」と「最新のブラビア」を比べてみた【液晶モデル編】
  • ASUS、折り曲げPCとして世界最大画面のZenbook 17 Fold OLEDをIFAで発表
  • テレビって進化してるの?「5年前のブラビア」と「最新のブラビア」を比べてみた【有機ELモデル編】
  • 「シリコンの課題を解決する最終兵器」、電力ベンチャーが投入する次世代太陽電池の中身
  • にわかに盛り上がる「量子ドット」はテレビをどう変えるか
  • 製造業のサステナビリティ最前線!シャープ亀山工場の地域環境を守る取り組みとは?
  • 製造業のサステナビリティ最前線!シャープ亀山工場の地域環境を守る取り組みとは?
  • [更新] 液晶パネル価格・推移トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • [更新] 液晶パネル価格・推移トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • LG電子 世界最大の有機ELテレビ公開へ
  • JDIが再起へ、革新起こす「ディスプレー新技術」の全容
  • JDIが再起へ、革新起こす「ディスプレー新技術」の全容
コメントありがとう