return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004



【データベース】  ●液晶価格トレンド   ●中国液晶工場投資   ●有機EL工場・投資一覧  ● 液晶・有機EL業界地図
【企業研究】   ●サムスンディスプレイ   ●BOE (京東方)     ●ジャパンディスプレイ   ● NLTテクノロシ゚ー
14 Apr

「史上最得」新iPadの欠点はズバリ液晶

そろそろ新しいiPadの発表の時期ということで、10.5型などのモデルを期待していたのだが、ふたを開けてビックリ! なんと、新しく発表された「iPad」は廉価モデルだった。「iPad Pro」は完成度が高いので、簡単に新モデルは出せないということなのだろう。
【新iPad】 ●サイズ:240×169.5×7.5mm●重量:469g(Wi-Fiモデル)●液晶:9.7型(2048×1536ピクセル)●チップ:A9●カメラ:800万画素●価格:3万7800円~
【iPad Pro(9.7インチ)】 ●サイズ:240×169.5×6.1mm●重量:437g(Wi-Fiモデル)●液晶:9.7型(2048×1536ピクセル)●チップ:A9X●カメラ:1200万画素●価格:6万2800円~


続きを読む »

14 Apr

ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

最初に登壇したのは、HTC NIPPONの西川美優氏。同社で「HTC VIVE」事業の責任者を務める氏は、まず海外のユーザーと、世界最大規模のゲーム開発者会議「Game Developers Conference」に参加したクリエイターたちに向けたアンケートでは、「HTC VIVE」がもっとも注目しているプラットフォームであるとの結果を得られたとのこと。好評の理由は、対角線5メートルというスペースを活かしたVR体験を提供できる「ルームスケール」。
次に登壇したのは、ジャパンディスプレイの湯田克久氏。VRのHMD市場はまた成長初期であるため、複数の調査会社による市場予測に大きなバラつきがある、と湯田氏。もっとも、どの調査会社も右肩上がりになるという見解では一致しており、2017年こそVR元年になるのではないか、と展望を語りました。

続きを読む »

13 Apr

中国におけるFPD材料への輸入関税

中国政府は、国内生産を奨励するため多くのFPD材料に輸入関税を設けており、偏光板もパネルサイズにカットする前のロールに対して8%の関税がかけられている。
そのような中、韓国のLG Chem社、Samsung SDI社が2016年までに中国に偏光板の前工程拠点を設置、2017年には住友化学や台湾Chi-Mei MaterialsTechnology社が現地企業との合弁会社による生産を始める見通しである。
2016年から2017年にかけて偏光板の中国生産比率が大幅に上昇すると見込まれることから、中国政府は関税の設置が一定の効果を発揮したとみて、2017年以降の関税引き下げを検討している模様である。



13 Apr

中国が韓国製液晶パネル締め出し、台湾勢に好機

中国が韓国による高高度防衛ミサイル(THAAD)配備への報復措置の一環として、国内テレビメーカーに対し、韓国メーカーからの液晶パネル調達を削減するよう指示したもようだ。これにより群創光電(イノラックス)と友達光電(AUO)は転注を獲得し、第2四半期のパネル出荷で前期比2桁増が期待できる。12日付工商時報が報じた。

 中国はこれまで、THAAD配備を決めた韓国に対し、中国国内のロッテマートの営業停止や中国人の韓国への事実上の旅行制限、韓国製バッテリー搭載電気自動車(EV)の補助金対象からの除外など、数々の報復措置を行ってきた。ここにきて韓国の対中輸出の3分の1以上を占める半導体・ディスプレイまで報復措置の範囲を拡大させたようだ。



続きを読む »

13 Apr

8Kで没入感は倍増—シャープ、8Kで高画質HDR対応の70型「LV-70002」を6月末発売

シャープは、8K解像度でHDR規格(HLG・PQ)も対応した70型8Kモニター「LV-70002」を6月30日に受注生産で発売します。シャープは85型8K「LV-85001」を2015年10月に発売しており、新たに70型をラインアップに追加した形。4K/8Kは2018年にも放送開始が予定されていますが、今回のモデルは4K/8Kなどの映像制作などを手がける人を対象としたもの。
70インチ、7680 x 4320ドット。視野角は上下左右とも176度。光源はLED。8K解像度で高画質なHDR規格をサポートしており、広い輝度情報を画像処理エンジンで復元。ピーク輝度は1000カンデラ。また広色域技術「リッチカラーテクノロジー」を採用、地デジを越える色域を再現しています。

続きを読む »

12 Apr

グーグル、韓国LGディスプレーのOLEDに1兆ウォン出資

google lg oled mg-1808-1保存米グーグルは、韓国のLGディスプレーのモバイル端末用有機発光ダイオード(OLED)事業に少なくとも1兆ウォン(8億8029万ドル)出資したもようだ。Electronic Timesが10日報じた。
同社のOLEDスクリーンはサムスン電子がスマートフォン(スマホ)のギャラクシーで採用しており、アップルも新型iPhone(アイフォーン)の一部モデルで追随する見通しだという。
 LGディスプレーはコメントを控えた。グーグルからのコメントは得られていない。



12 Apr

DIC、営業益5%増 1~3月期、液晶・化粧品の顔料好調

インキ世界最大手、DICの2017年1~3月期の連結営業利益は前年同期比5%増の130億円程度だったようだ。化粧品や液晶の部材に使う顔料の販売が好調だった。顔料を含むファインケミカル事業は利益率が高く、増益に貢献した。計画に比べ、円相場が円安基調で推移したことも追い風だった。

  売上高は1900億円程度と微増だったもよう。ファインケミカル事業では液晶パネル部材のカラーフィルターに使う顔料が好調。液晶関連では新製品効果でアジア向けに販売が伸びている。化粧品や自動車向けの顔料も、鮮やかな赤を発色する高機能品が人気だ。
 液晶向けの顔料では高いシェアを持ち、16年12月期実績の同事業の売上高営業利益率は11.3%と連結全体(7.2%)を上回る。17年1~3月期も10%台の営業利益率を確保したようだ。



 

続きを読む »

12 Apr

今秋登場と噂の「iPhone 8」、出荷時期が数週間遅れる見通し

米Appleが2017年秋に発売する次期iPhoneは、3種のモデルが用意される見通しだが、そのうちOLED(有機EL)ディスプレーを採用するモデルが顧客の手元に届くのは、予約受付から数週間後になりそうだと、Mac RumorsやBGRなどの米メディアが現地時間2017年4月7日までに伝えた。  

これは、米投資銀行Drexel Hamiltonの、Apple情報に詳しいアナリスト、Brian White氏が調査ノートで報告したもの。これらの報道によると、Appleが2017年に発売するiPhoneは、現行モデルと同様に4.7インチおよび5.5インチの液晶ディスプレーを備える2モデルに加え、 5.8インチOLEDディスプレーを備える新デザインのモデルが用意される見通し。



 

続きを読む »

10 Apr

東芝、テレビ事業売却 トルコ大手ベステルなどと交渉へ

経営再建中の東芝はテレビ事業の売却に向けて動き始めた。トルコ家電大手ベステルや数社の中国企業が買収に名乗りを上げる見通し。中国系に売却した白物家電に続き赤字が続くテレビ事業も事業再編を模索していた。米原子力事業会社ウエスチングハウスの法的整理により拡大する損失を少しでも補うため、非中核事業の売却を急ぐ。

 近く買収候補者による資産査定を始める。売却額は最大で数百億円となる可能性があり、早ければ今年度内にも手続きを完了したい考え。東芝は2015年の会計不祥事発覚後のリストラで、海外のテレビ事業をブランド供与ビジネスに切り替え、日本国内での開発・販売に絞り込んでいた。



続きを読む »

10 Apr

8K有機EL、小型から大型までの製造技術を確立 半導体エネ研

半導体エネルギー研究所は、「8K」の有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーについて、一つの工程で十数インチの小型から75インチ以上の大型まで幅広く製造できる技術を確立した。独自の駆動回路技術を採用することで、小型化に伴う画素の高密度化と、大型化する際の映像ムラの低減を実現した。今後、技術の供与先を探し、医療分野など幅広い用途で実用化を進める。

 8Kパネルはフルハイビジョンの16倍の解像度を持つ映像を映し出せる。今回、有機EL発光層からの光を基板側から取り出す「ボトムエミッション方式」でパネルを作る技術を確立した。同方式は製造工程が比較的簡単で、基板の大型化にも対応できる。



続きを読む »

8 Apr

シャープ、亀山工場の人員倍増4000人 7月、液晶テレビやスマホのカメラ部品増産

sharp 99% discount
シャープが液晶パネル生産の主力拠点である亀山工場(三重県亀山市)で働く人員を7月に倍増させることが6日、分かった。現状の約2千人から4千人程度に増やす。シャープ首脳は同日、「液晶テレビの増産と電子部品の新事業の立ち上げを計画しており、人員を倍増させる」と述べた。

 電子部品の新事業の詳細などは明らかにしていないが、シャープはベトナムの協力工場で米アップルなど向けにスマートフォン用のカメラ部品を生産しており、亀山工場を活用して増産に乗り出すとみられる。亀山工場の従業員数は昨年12月末時点で約2千人で、7月から協力会社を含めて2千人程度増員する計画という。

続きを読む »

7 Apr

有機ELテレビのメリットデメリット、液晶との優劣は?

有機EL方式の特長と現在主流の液晶方式の違いについては、ガイド・鴻池賢三氏の記事『話題の「有機ELテレビ」とは? 液晶との違いを解説』にすでに詳しいので改めて深入りせず、ここでは「有機EL元年」にふさわしく実戦的バイヤーズガイドを試みることにしましょう。
有機ELが液晶に圧倒的に勝る点が視野角です。液晶方式の○はIPS、△が主流のVAです。VA方式がパネルに配向された液晶分子が電荷で垂直方向に回転し光を通過遮断させるのに対し、IPS方式は水平方向に回転します。その結果、液晶方式特に大画面で主流のVAパネルは視点が横にずれていくとたちまちコントラストが低下し色が落ちてしまいます。IPSパネルはVAパネルに比べると視野角が確保されますがやはり制限があります。


続きを読む »

7 Apr

鴻海から来た新社長が吠える!「シャープにはガバナンスがなかった」

シャープの本社はもともと創業の地である大阪市阿倍野区にあったが、ホンハイに買収される前に業績不振でニトリ・ホールディングスなどに売却してしまった。 現在の本社は昔のシャープ堺工場。部品メーカーの設備を含めると投資総額1兆円に及ぶ巨大液晶コンビナートである。世界で唯一の第10世代液晶パネル工場であり、フル稼働すれば世界最強の生産効率を発揮する。
午後2時、野村勝明副社長、橋本仁宏常務を率いて戴社長が登場した。少しだぶついた背広を着た実務家らしい風貌で、一代で15兆円企業のホンハイを築いた郭会長のようなオーラはない。能吏といった感じだ。


続きを読む »

6 Apr

液晶テレビの大画面化続く、パネル出荷面積が7.3%増

市場調査を手掛ける米TrendForceは、2017年の液晶テレビ用パネルの世界出荷面積が前年を7.3%上回ると予測した。出荷台数は2億5560万台で前年から1.8%減少するが、大型化が進む見込みと分析している。 機器メーカーは利益をパネル価格に圧迫される中で、利幅を確保するために65インチ(型)や75インチのハイエンド機種を拡販する戦略をとっている。



続きを読む »

6 Apr

壁に貼るテレビ「LG OLED W7P」は5月発売に延期。「急激な需要増加」

LGエレクトロニクス・ジャパンは、4K有機ELテレビ「OLED W7P」の発売延期を発表。4月14日より予約開始、5月12日より順次発売となる。同社は「グローバルにおける該当製品の急激な需要増加に伴い、供給体制が追いつかないため」と説明している。なお、3月の発表当初は4月上旬より順次発売としていた。

続きを読む »

5 Apr

アップル、サムスンに有機ELパネル7000万枚発注

アップルが韓国サムスン電子に対し、7千万枚のスマートフォン(スマホ)用有機ELパネルを発注していたことが分かった。
有機ELは液晶に比べ発色が鮮やかで、曲面の画面デザインを作りやすい。アップルが今年後半に発売する予定である「iPhone8」のプレミアムモデルに採用される見込みだ。



続きを読む »

5 Apr

量子ドットディスプレイ部材世界市場に関する調査を実施

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて量子ドットディスプレイ部材世界市場の調査を実施いたしました。
<量子ドット(QD)ディスプレイ部材とは> 本調査における量子ドット(以下QD)ディスプレイ部材とは、QDを活用したディスプレイ用の部材であるQD材料(QD粒子とバインダーレジンを配合した溶液)、QDシート用バリアフィルムを指す。
◆2016年の世界のQD材料出荷数量は30t、QDシート用バリアフィルム出荷数量は640万平方メートル ◆2017年の世界のQD材料出荷数量は前年比256.7%の77t、QDシート用バリアフィルム出荷数量は前年比250.0%の1,600万平方メートルを予測
◆QDシート用バリアフィルムでは透明蒸着フィルムを使ったラミネートタイプの採用が始まる
Move to original source: 量子ドットディスプレイ部材世界市場に関する調査を実施
 
5 Apr

有機EL高精細化のキーパーツ、蒸着用メタルマスク 開発にしのぎを削る3方式

次世代スマートフォン(スマホ)用ディスプレーの本命として期待される有機ELディスプレー。韓国や中国のディスプレーメーカーが新工場や新ラインの建設計画を相次いで具体化させており、調査会社の予測では、2020年に現在主流のLTPS(低温ポリシリコン)TFT液晶を搭載率で上回り、スマホに最も搭載されるディスプレーになる可能性があるとされている。
その有機ELディスプレーの高精細化・高解像度化を担うのが、RGB発光材料の蒸着工程に不可欠な蒸着用メタルマスクだ。


続きを読む »


当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ
カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • 日本HP、ファンクションキーで液晶プライバシーフィルタを有効にできる2in1
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • 大日印と積水化学、電子ペーパー共同開発 フィルム型太陽電池を搭載
  • Galaxy S8でSuper AMOLEDディスプレイが若干赤みがかっているとの報告
  • EIZO、コントラスト100万:1の4K HDR液晶「ColorEdge PROMINENCE」
  • シャープ再び迷走へ、裸の王様とイエスマン支配で
  • ドコモ、LEDで映像を表示しながら飛行する世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」
  • 総務省:  「4K・8K放送推進連絡協議会」の設置
  • Dell、有機ELパネル採用の30型4Kディスプレイを発売
  • グーグル、韓国LGディスプレーのOLEDに1兆ウォン出資
  • シャープ、亀山工場の人員倍増4000人 7月、液晶テレビやスマホのカメラ部品増産
  • 駅用では国内最大級の液晶画面登場…南海難波駅
  • Samsung、映画館向け幅10mの4K・HDR対応LEDスクリーン
  • Samsung、「Galaxy S8/S8+」発表 2サイズでベゼルレス 物理ホームボタンは廃止
  • Samsung、「Galaxy S8/S8+」発表 2サイズでベゼルレス 物理ホームボタンは廃止
  • イ・ヨンヒ サムスン電子副会長「私たちを妨げる障害物が私たちの敵」、美・英で29日「ギャラクシーS8」同時公開
  • [更新] Samsung Display (サムスン・ディスブレイ):事業概要・生産ライン・技術
  • [更新] Samsung Display (サムスン・ディスブレイ):事業概要・生産ライン・技術
  • [更新] Samsung Display (サムスン・ディスブレイ):事業概要・生産ライン・技術
  • バルコ,医用画像表示ディスプレイなど,2017年に発売する新製品についてプレスカンファレンスを開催
  • Dell、世界初の32型8K液晶ディスプレイを発売
  • ジャパンディスプレイ(JDI)社長に東入来氏 本間会長は退任
  • 高級スマートウオッチの大本命! スイスの名門「タグ・ホイヤー」が本気を出したら凄かった
  • 高級スマートウオッチの大本命! スイスの名門「タグ・ホイヤー」が本気を出したら凄かった
  • パナソニックが大阪・門真のテレビ拠点を三井不動産に売却へ 月内合意、再開発「ららぽーと」有力
  • スカパー!4K HDR放送に本腰--Jリーグルヴァンカップを専用中継車で放送
  • パナソニック、プラズマ事業の資産処分完了
  • JDI、鳥取の車載用液晶工場で増産 モジュールの新ライン
  • BOE Technology Group (京東方): 事業概要・生産ライン・技術
  • BOE Technology Group (京東方): 事業概要・生産ライン・技術
コメントありがとう