return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004



【データベース】  ●液晶価格トレンド   ●中国液晶工場投資   ●有機EL工場・投資一覧  ● 液晶・有機EL業界地図
【企業研究】   ●サムスンディスプレイ   ●BOE (京東方)     ●ジャパンディスプレイ   ● NLTテクノロシ゚ー
【FPD関連企業】 ●銘柄株価一覧  
18 Apr

Foxconn、大型TV市場に積極的に進出、70インチLCD TVを発売へ

00-top
Foxconnは来月中に70インチLCD TVを発売する意向を明らかにした。60インチ超低価格LCD TVは、中国とアメリカ市場などに昨年11月に出していたが、半年ぶりに出す 70インチLCD TVは、インターネット接続などのスマート機能が内蔵されると伝わっているが、3D対応製品と非対応製品の2種類をリリース予定と同社では明らかにした。
ただし、Foxconnは販売戦略上重要となる価格設定については確定していないと説明。業界筋では、60インチTVが競合他社価格の半分というレベルで供給されたことから、70インチ製品も市場に注目される低価格になると予想している。一方、Foxconnは昨年、LCDパネル生産するシャープ堺工場株式の一部買収に続き、中国 •重慶市に年間300万台生産規模の大型TV工場を新設するなど、家電部門に積極的に投資している。



18 Apr

パナソニック、徳島県の大規模発電所に多結晶Si太陽電池を納入

パナソニックは4月16日、徳島県の大規模発電所に自社製の太陽電池モジュールを納入したと発表した。納入先は、同県企業局が整備した出力2MWのマリンピア沖洲太陽光発電所(徳島市)。納入したのは、モジュール変換効率14.7%、最大出力240Wの多結晶Si太陽電池8784枚。
政府の固定価格買い取り制度に基づき、売電電力は年間約238万9000kWhで、一般家庭660世帯分の年間電力量に相当する。売電収入は年約8500万円を見込む。

17 Apr

急増する直下型バックライト採用LEDテレビ(TV)

低価格化が進むLCDTVの中で、光源に直下型LEDバックライトを搭載したLEDTVの需要が拡大している。

従来光源であるCCFL(冷陰極管)は、事業性が低下していることからサプライヤの撤退が続いている。LCDメーカーもすでにCCFLを採用したモジュールの開発を行っておらず、今後のロードマップは、Open cell※1やLEDバックライト搭載モジュールのみの提案になっている。
一部のTVメーカーは、自社でOpen cellとCCFLを調達してCCFLバックライトの採用を続ける計画であるが、CCFLはガラス管など部材レベルで産業の縮小が続くと見込まれることから、数年内にサプライチェーンの維持が難しくなる可能性がある。



続きを読む »

17 Apr

Kobo、解像度265dpi(1440×1080)の高解像度6.8インチ電子書籍リーダー「Aura HD」を発表

楽天傘下のカナダKoboは15日(現地時間)、限定版の電子書籍リーダー「kobo Aura HD」を、北米と英国で4月25日から発売すると発表した。16日から北米で予約販売が開始され、価格は169.99ドル。その他の地域は、5月から販売が開始される。

本製品は、同社によると電子書籍リーダーで最高の解像度となる、265dpi(1440×1080ピクセル)を実現した電子書籍リーダー。ディスプレイは6.8インチの電子ペーパーを採用。従来品より画面サイズは30%広くなった。

プロセッサは1GHz駆動で処理速度も25%向上している。ストレージは4GB(最大拡張32GB)、バッテリー持続時間は最大2カ月。カラーはアイボリー、エスプレッソ、オニキスの3種類が揃う。



17 Apr

中小型FPD市場は2016年までに715億ドル規模に拡大

米NPD DisplaySearchは4月12日、モバイル向け中小型FPDの出荷額が2016年に715億ドル規模に達するとの見通しを発表した。2012年の出荷額は350億ドル弱だったことから、およそ倍増する見込み。
韓国Samsung Electronics製「Galaxy S」向けの有機ELや、「iPhone」向けRetinaディスプレイなど、スマートフォン向けのハイエンド製品が市場の牽引役となっている。
2012年のメーカー別出荷額シェアを見ると、1位は韓国Samsung Displayで23%、2位はジャパンディスプレイで15%、3位はシャープで13%となった。以下、韓国LG Displayが12%、台湾Chimei Innolux(CMI)が8%と続いた。



17 Apr

デクセリアルズ(旧ソニーケミカル)、90℃以下で実装可能なUV硬化型ACFを参考展示

デクセリアルズは、第23回ファインテック ジャパン(4月10日~12日開催)において、UV硬化型異方性導電膜(ACF)を参考展示した。タブレットやノートPC向けTFT-LCDではパネルの薄型化が進み、従来の熱圧着型ACFによるドライバICの実装では、ガラスに歪みが発生することが増えてきた。そこで、ACFにUV硬化機能を加えることで、90℃以下で実装できるようにした。実装法は、従来の実装装置にUV照射ユニットを付けて行う。熱圧着でフィルムを溶かしてパネルにACFを接着した後にUV照射して硬化させる。今後は、タブレットなどモバイル機器だけでなく、TV向けなど大型でも薄型パネルが普及してくるため、同製品のような低温実装のニーズが拡大していくと見ているという。



16 Apr

実世界の物に対してタッチ操作可能な次世代ユーザーインターフェース

富士通研究所は、紙や本など実世界にあるものを指で直接選択するだけでデータのやり取りを可能にするシステムを開発しました。
"紙やいろいろな物がタッチパネルのように触って操作ができると考えています。この装置は、特別なハードウェアは一切使っていなくて、通常のウェブカメラ相当のものと市販のプロジェクターのみで構成して、画像処理の技術を使ってこの機能を実現しています。"
この技術を用いることで、書類を指でなぞって必要な箇所を電子データとして取り込むことができます。 操作対象となる実世界の物体の形状を計測し、カメラとプロジェクターと実世界の3つの座標系を自動で調整する技術により、テーブルや紙など平坦な面だけでなく、厚みのある本などの歪んだ面であってもタッチと表示を正確に合わせることが可能です。
"今までの手の動きを使ったジェスチャー操作は、ジェスチャーでパソコンやいろいろな機器を操作するといったものが多かったと思いますが、こちらはパソコンの操作をするものではなくて、直接実際のものに触って、その物とICTの機器を融合させようというインターフェースになっています。"


16 Apr

液晶パネルの供給先を拡大=ジャパンディスプレイ社長

ソニー、東芝、日立製作所の中小型液晶パネル事業の統合会社、ジャパンディスプレイ(東京都港区)の大塚周一社長は15日、ロイターのインタビューで、2013年度は売上高を前年度比4─6割増の7000―8000億円に引き上げる意向を示した。

米アップルなど大口顧客だけでなく、スマートフォン(多機能携帯電話)で3位争いをするメーカーへのパネル供給も拡大する。タブレット端末用の供給も開始し、営業利益率は5%前後を目指すという。

同社は個別の取引先名を明らかにしていないが、アップルがパネルの主要な納入先とされる。大塚社長は3月末で終了した12年度について、「想定していた大口顧客の注文が入らなかったことが響いた」と説明。アップルがiPhone(アイフォーン)5の販売減速を背景に、1―3月期のパネル注文を絞り込んだとみられている。ただ、大塚社長は「(3社の)統合前なら注文が急減すれば赤字が確実だったが、その状況でも黒字を確保する体質ができている」と述べた。



続きを読む »

16 Apr

タブレットは前年同月比96.8%増、PC全体の約3割に

BCNは4月11日、「なぜタブレットがPC市場を激変させるのか」をテーマに記者発表を開催した。
タブレットは前年同月比96.8%増で、昨年11月に米Appleの「iPad mini」と、米Google/台湾ASUSTek Computerの「Nexus 7」が発表されて以降、PC端末の全体の約3割を占めるようになった。
Nexus 7は価格が安く、試し買い需要が大きいこと、大量のCM投下による認知度向上などによって、出荷台数が増加したという。一方で、ノート/デスクトップPCが3月商戦期にもかかわらず、台数ベースで前年同月比6.2%減、金額ベースで同10.5%減と振るわなかった。

続きを読む »

15 Apr

富士フイルム、熊本に偏光板保護フィルム生産技術の開発部門を新設

富士フイルムは、液晶パネル用の偏光板保護フィルム「フジタック」を生産する富士フイルム九州(熊本県菊池郡)に、同フィルムの生産技術を開発する部門を新たに設ける。

 フジタックは現在、神奈川工場足柄サイト(神奈川県南足柄市)、富士フイルムオプトマテリアルズ(静岡県榛原郡吉田町)、富士フイルム九州の3拠点で生産している。富士フイルム九州は、全社の生産能力8億2000万m2のうち55%(4億5500万m2)を占める主要生産拠点である。



続きを読む »

15 Apr

フルHDが拡大するLTPS(低温多結晶)液晶

スマートフォンの出荷増を背景に、2012年下期にLTPSパネルの生産能力が大幅に増強された。そのため、2012年Q4のLTPS生産量は、パネルアウトプットベースでQOQ+57%の拡大となった。
しかし、2013年Q1に入り北米のスマートフォンメーカーがパネル調達を大幅に減少させたため、多くのLTPS生産ラインに空きが生じる事態となった。
LTPSパネルの生産能力を余らせたパネルメーカーは、生産ラインを埋めるべく付加価値を訴求できるフルHDモジュールの拡販に注力している。フルHDモジュールの供給拡大により、今後様々なスマートフォンメーカーからフルHDモジュールを搭載した端末がリリースされる見通しである。
フルHDモジュールは急速に普及拡大を遂げており、台湾パネルメーカーも量産対応を進めている。アレイ工程の生産歩留りやドライバーICの供給など多くの問題が存在するが、2013年下期にはフルHDの規格品が登場し、フルHDの市場が急速に広がる可能性がある。



15 Apr

ヘレウス、15インチの導電性タッチパネル開発-ITOの代替に

ヘレウス(東京都千代田区、土屋淳社長、03・5215・3921)は、導電性ポリマー材「クレヴィオス」を、タッチパネルなどのディスプレーに用いるITO(酸化インジウムスズ)の代替材料として提案する。長岡産業(大津市粟津町)、東洋レーベル(京都市右京区)と共同で、15インチの導電性タッチパネルを開発した。
ヘレウス担当者は「導電性ポリマーはシート抵抗値が高いため、面積が広いと操作性が悪くなるといった先入観がある。このため、4インチ程度のパネルしか市場に出回っていない」としている。まずパソコンのタッチパネル用として訴求する。
 同社は独材料メーカー大手、ヘレウスの日本法人。クレヴィオスはパターニングが見えにくくなる独自のエッチング技術のライセンスを含む導電性ポリマー材。容易に曲げたり、折ったりできる。



13 Apr

鴻海60インチTV(堺ディスプレイプロダクト液晶採用)、5千元値下げ

鴻海科技集団(フォックスコン)は11日、大手通信キャリアとの通信契約とセットで昨年11月に発売した60インチの低価格液晶テレビの価格を5,000台湾元値下げし、3万3,800元(約11万2,000円)で販売することを発表した。既に購入済みの顧客にも同額の商品券を贈呈する異例の措置だ。12日付工商時報が報じた。
 同製品は、堺ディスプレイプロダクト(SDP、旧シャープディスプレイプロダクト)製の液晶パネルを採用しており、通信キャリアの中華電信、凱擘大頻(kbro)、台湾大頻(TWMブロードバンド)との2年契約の縛りを付けて販売している。鴻海は販売台数を公表していないが、3月末までの販売台数は、▽中華電信、1万台以上▽凱擘、約7,000台▽台湾大頻、月平均300~500台──で合計2万台近いと言われており、既存顧客への商品券贈呈により鴻海は1億元を出費することになる。



続きを読む »

13 Apr

JX日鉱日石エネルギー、First Solarとの協業で協議開始

JX日鉱日石エネルギーは4月10日、米First Solarが製造を予定している米TetraSunの技術を用いた結晶Si系高効率太陽電池モジュールの日本市場での販売事業に関する協業契約について協議を開始したと発表した。今後、First Solarが生産する高効率モジュールについて、日本市場における独占販売権の取得を目指し協議を進めていく方針。
13 Apr

マイクロソフト、小型タブレット開発か パソコン市場低迷で株下落

米マイクロソフト(MS)が、小型のタブレット端末を開発し、年内にも発売する方針だと、米経済紙ウォールストリート・ジャーナルが11日に報じた。MSが得意とするパソコン市場が低迷しているため、タブレット端末事業のてこ入れを迫られているという。



続きを読む »

12 Apr

北朝鮮の戦争危機、液晶パネルは台湾が恩恵を受ける筆頭に

朝鮮半島情勢の緊迫化を受けて、台湾経済部工業局と工業技術研究院(工研院)産業経済趨勢研究センター(IEK)は9日、北朝鮮が開戦に踏み切った場合の台湾産業への影響をまとめ発表した。電子産業では、液晶パネルなど競合分野で受注増が見込めるものの、発光ダイオード(LED)など韓国市場に製品を供給している分野では受注を失う懸念がある。10日付経済日報などが報じた。
液晶パネルは台湾が恩恵を受ける筆頭に挙げられる。世界最大の液晶テレビ市場である中国は労働節(メーデー、5月1日)連休前の需要期に入っているが、韓国メーカーの出荷に懸念が生じれば、中国テレビメーカーは群創光電(イノラックス・旧奇美電子)、友達光電(AUO)に発注を切り換える可能性が高い。実際、中国の大手システム組み立てメーカー、恵科電子(深セン)は「韓国からの供給が途絶える恐れがあるため、イノラックス、AUOからの調達を増やす」と表明した。



続きを読む »

12 Apr

TCLがCSTO(China Star Opt Tech)の株式30%を取得、1Q13に400万台のFPD TV販売

中国のTCLが、13/1Qに400万台の液晶テレビを販売した。そのうち半数は中国市場の販売だった。なお利益は四半期ベースで6~7倍を計上。
China Star Optoelectronics Technology (CSOT)からの潤沢な液晶パネル供給が支えになった。
なお2012年は液晶テレビの全世界販売でソニーを抜いて世界3位になったという。
また最近になってTCLはCSOTの株式30%を取得したと表明、垂直統合型サプライチェーンをさらに強固にすることを目指す。



続きを読む »

12 Apr

日本電気硝子、ゼロ膨張ガラス「ZERO」を紹介

日本電気硝子は、第13回光・レーザー総合技術展(Photonix 2013、4月10日~12日開催)において、ゼロ膨張ガラス「ZERO」を出展した。結晶成分の大きさや種類、ガラス成分との比率などをコントロールすることにより、熱膨張係数0×1E-7/K(-40~80℃)を実現しており、温度変化による寸法変動や位置変動を最小化することが可能という。エタロンなどでの需要を想定する。

当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • 新赤色蛍光体開発 小糸製作所、安定した白色光実現
  • 50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
  • 有機ELは日の丸連合つくるべき=シャープ社長
  • 4Kテレビ、前年比3割安も PBや海外品存在感
  • Gen 10 and Larger Flat Panel Display Capacity to Grow at 59 Percent CAGR to 2022, IHS Markit Says
  •  国産有機ELの灯つなぐ JOLEDが初出荷 苦節10年、パナソニック・ソニーの技術を継承
  • 新4K8K衛星放送へあと1年。深田恭子が推進、対応TV来夏以降。帯域再編でBS録画に注意も
  • 新4K8K衛星放送へあと1年。深田恭子が推進、対応TV来夏以降。帯域再編でBS録画に注意も
  • 京成電鉄、車両に4カ国語の液晶案内板
  • フィリップス、HDR 10対応モデルなど液晶ディスプレイ4モデル
  • 博多駅から始動 国内最大・大型有機EL曲面型デジタルサイネージ
  •  LG超大型LED、アトレティコ・マドリードの新球場「ワンダメトロポリタンタノ」に設置完了
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • Quantum Dot Display Technology Coming to LCD's Rescue
  • Emirates unveils brand new cabins for its Boeing 777 fleet
  •  「TOSHIBA」使用権40年  テレビ事業買収の中国家電大手ハイセンス
  • 鴻海シャープ、謎の中国拡販部隊 テレビ1000万台
  • アップルウォッチが四半期で約400万台の売上、Series 3が高評価
  • SCREEN 歩留まり悪化を防止 有機ELパネル用の塗布現像装置2種
  • 平昌五輪の公式テレビ、三星が供給へ 韓国メーカーの五輪供給は初めて
  • [更新] BOE Technology Group (京東方): 事業概要・生産ライン・技術
  • [更新] BOE Technology Group (京東方): 事業概要・生産ライン・技術
  •  有機ELテレビ、1~2割値下げ 年末商戦後押し 平均価格36万円
  • 「iPhoneX」の部品コスト、「8」を115ドル上回る-IHS
  • 中国液晶パネル最大手BOE ジャパンディスプレイ支援に意欲
  • 大画面で柔軟な有機ELパネル、酸化物半導体で実用化に前進
  • フィルム型ペロブスカイト太陽電池、世界最高性能の変換効率18%に
  • 自腹購入iPhone Xでわかったアップルの思惑と現状の不満点
  • JR東京駅「サイネージ ショーウィンドウ」において8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』の展示を開始
  • [韓国報道] 三星電子、テレビの「プレミアム戦略」に拍車
コメントありがとう