return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004



【データベース】  ●液晶価格トレンド   ●中国液晶工場投資   ●有機EL工場・投資一覧  ● 液晶・有機EL業界地図
【企業研究】   ●サムスンディスプレイ   ●BOE (京東方)     ●ジャパンディスプレイ   ● NLTテクノロシ゚ー
【FPD関連企業】 ●銘柄株価一覧  
9 May

SHARP to Change Its Customer from Apple to Samsung

SHARP, the leading company in the small & medium-sized LCD panel market, is starkly changing its supply strategy. After inviting investments from Samsung, the Japan-based company is strengthening its cooperation with Samsung.

According to the industry on May 8, SHARP stopped the production of LCD panels for iPad as of January this year and started supplying Samsung with small & medium-sized IGZO panels instead.

The Japanese LCD maker is going to focus on producing LCD panels for Samsung. IGZO panels commercialized around the end of last year will be provided for Samsung’s laptop computers.

続きを読む »

9 May

シャープ、亀山第1工場回復へ-来月にも次期iPhone向け液晶パネル量産

シャープは米アップルが投入を計画するスマートフォン(多機能携帯電話)の次期モデル向け液晶パネルの量産を6月にも始める。年初から稼働率低迷に悩まされていたアップル向けスマートフォン用液晶専用の亀山第1工場(三重県亀山市)で5月の連休から量産準備に着手したもよう。同工場は稼働率が4割前後まで落ち込み業績悪化の一因となっていた。



続きを読む »

8 May

フルHDパネルの普及を後押しするフルセグ受信機能

2013年5月7日、ソフトバンクは他社に先駆けて2013年夏モデルの発表を行った。今回、同社は新たに7機種を発表したが、その内2機種は1440×1080解像度の地上デジタル放送をそのまま受信できるフルセグ受信機能を備えている。

ワンセグ放送が開始されたのは2006年であるが、当時の携帯電話向けディスプレイは2”クラスのQVGAが殆どであったことから、ワンセグ放送の解像度はQVGA(320×240)となっている。 その後、スマートフォンの普及が進むに従い、ディスプレイは4”以上へ大画面化、解像度もWVGA(800×480)以上の製品が主流となったが、モバイル端末向けの放送規格はワンセグのままである。

ワンセグ放送のサービス開始当時は画質に不満を唱える声は限られていたが、スマートフォンでアップコンバートした画像を見る段階になってワンセグ放送の画質の粗さが目立つ状況となった。今回ソフトバンクが発表したスマートフォンは、5”FHDパネルを採用、フルセグ受信機能を備えている。
この端末はワンセグ端末と比較すると飛躍的に画質が向上しており、地上デジタル放送の利点を享受できる製品となっている。

ワンセグ放送と比べてフルセグ放送は受信感度が低いため、今後発売されるスマートフォンでフルセグ受信機能が標準搭載されるかは不透明である。
しかしながら、iPhoneに押される日系端末メーカーにとって、TV受像はiPhoneとの差別化を図れる数少ない要因であり、多くの日系端末メーカーがフルセグ受信機能の搭載を進めると見込まれる。フルHDパネルを搭載した端末では、アップコンバートされたフルセグ放送を高画質して視聴できることが端末の大きなセールスポイントになると期待されている。
7 May

AUO、タッチ機能付き液晶パネル受注好調 顧客にエイサー・グーグル・HPら

パネル大手の台湾AUO(友達光電)が、PCブランド大手の台湾エイサー(Acer=宏碁)から7.9型タブレットPC用で、タッチ機能を備えた液晶パネルの受注を獲得した模様だ。
台湾紙『聯合報』(5月6日付)が報じたもので、出荷規模は単月50万枚だとしている。さらに同紙は、2013年第2四半期から出荷を始める米HP(ヒューレット・パッカード)の10.1型タブレット用や、米グーグル(Google)の「Nexus 7」次世代モデル用、さらにタッチパネルを搭載したノートPC(NB)用が、AUOにとってタッチ機能搭載パネルの主力になるとしている。

聯合報が伝えた台湾のPC供給チェーンによると、AUOがタッチ機能付きパネルを受注したのは、エイサーが5月3日(米国時間)に米国で発表した7.9型のAndroid(アンドロイド)タブレット「Iconia A1」。パネルはAUOの独占供給で、2013年5月にはWi-Fiバージョン、同7月には第3世代移動通信(3G)バージョン、同8月には第4世代高速通信(4G)のLTEバージョンを出荷するとしている。



続きを読む »

7 May

[韓国報道] 液晶パネル大国・韓国、重要部品の国産化率ゼロ

韓国は液晶パネル大国だ。2000年代半ば以降、10年近くにわたり、世界の液晶パネル市場で首位に立っていたのは、サムスン電子かLGディスプレーだった。両社による液晶パネルの輸出額は今年30兆ウォン(約2兆1700億円)を超える見通しだ。

 しかし、その内情を見ると、依然として「砂上の楼閣」だ。サムスン電子、LGディスプレーが生産する液晶パネルの国産化率は70%に届かない。特に一部の重要部品は国産化率がゼロのケースも多い。例えば、液晶は独メルク、日本のチッソなどから全量輸入している。液晶を覆うガラス基板の前後に貼り付ける偏光板は富士フイルム、コニカなど日本企業に頼っている。

 韓国ディスプレー産業協会のチェ・ヨンデ常務は「韓国は15年遅れで液晶パネル産業に参入し、日本に追い付いたが、素材・部品の競争力ではまだ開きが大きい」と指摘した。



続きを読む »

6 May

液晶(LCD)パネル投資、守勢の台湾・攻勢の韓国

台湾液晶パネル大手2社、友達光電(AUO)と群創光電(イノラックス、旧奇美電子)が今年の設備投資額を200億台湾元(約660億円)規模にとどめる一方、韓国勢はLGディスプレイ(LGD)が約1,118億元とその5.5倍の投資を行う。韓国勢は今年から来年にかけての中国での8.5世代工場の稼働のほか、新技術の強化、新サイズパネルの展開に注力しており、赤字続きで守勢に回ったとみられる台湾勢への攻勢をさらに強めている。2日付工商時報が報じた。
AUOは昨年の設備投資額が430億元だったため、今年は半減以下となる。楊本豫同社財務長によると、今年の設備投資は主に製造プロセスの改善やボトルネック除去作業に充てるほか、AHVA広視野角パネル、酸化物半導体TFT(OxideTFT)の生産能力拡大も図る。特にAHVAパネルは、良品率が向上して大手ブランド向けの出荷が増えており、顧客の需要に応じてさらなる投資拡大を検討する可能性もあるという。ボトルネック除去作業などを通じて、今年は第6世代ライン1本分の生産能力拡大を見込む。



続きを読む »

6 May

シャープ、片山会長が退任へ-奥田社長へ権限集中

シャープの片山幹雄会長が退任を検討していることが5日分かった。相談役や特別顧問といった社長経験者らが就く役職も廃止する方向。奥田隆司社長に権限を集中し、経営再建を加速させる狙いがあるとみられる。
 片山会長は2007年からの社長時代、以前からの液晶事業への経営資源集中路線を継承し、事業を拡大した。だが、12年に業績悪化を受けて代表権のない会長に退く。12年夏からは液晶事業を担当し、米クアルコムや韓国サムスン電子との資本・業務提携を主導したが、経営責任を明確化する。
 電機業界では、社長時代にテレビ事業への大型投資や三洋電機買収を進めたパナソニックの大坪文雄会長が、6月末に就任1年で特別顧問に退く予定。異例の退任劇が続くことになる。



6 May

米グーグル、タブレット端末「ネクサス7」の後継機を7月頃発売へ

米グーグルはタブレット端末「ネクサス7」の後継機を7月頃に発売する。プロセッサーには米クアルコム製「スナップドラゴン(Snapdragon)」を採用する。2人の関係筋がロイターに明らかにした。
グーグルはこのタブレット端末を下半期に800万台出荷することを目指している。グーグルの新たなタブレット端末発売のタイミングや販売目標が明らかになるのは今回が初めて。グーグルは情報を公表していない。
最新機種は画面の解像度を高め、米エヌビディア製「テグラ3」の代わりにクアルコム製を採用。1人の関係筋によると、両社のプロセッサーを比較し、処理能力の観点から最終的にクアルコム製に決めた。



続きを読む »

4 May

パナソニックの"失敗の背景"は--“過去との決別”の行方

(1)当時中村社長は、02年に4000億円を超える赤字経営に転落した同社をV字回復させた男として評価され、“中村天皇”といわれるほどの独裁的な権勢を振るっていたため、経営会議で彼が推進するプラズマテレビ戦略を否定したり、疑問視する意見を言える雰囲気ではとてもなかったという。

(2)そのため、市場動向の客観的なデ-タの裏づけのない楽観的な見通しや主観的な期待に基づくプラズマディスプレイ戦略が立案され、06年からライバルメーカーのプラズマ撤退が相次いだにもかかわらず、抜本的な厳しい見直し・変更は一度も行われなかった。

(3)当時、パナソニックが巨額な大型投資に対するチェックが甘かった要因として、「松下銀行」といわれるほどの1兆5000億円にのぼる余裕資金があったことだ。このため、市場動向の冷静な分析や厳しい投資チェックを欠いた。07年に1兆5000億円あった余裕資金は、この5年間で2兆5000億円も減り、今や1兆円を超える借金を抱える赤字会社に転落した。
..当時ずいぶんと(グルで)ヨイショしていたマスコミも多々いましたけど..

Move to full Article"パナソニック、プラズマ撤退、BtoB事業シフトという“過去との決別”の行方 - 野口恒"


3 May

Google Glass (How-to: Getting Started): グーグル・グラス how to

An introduction to the basics of Glass.
Learn about the touchpad, the timeline and how to share through Glass.


2 May

タッチパネル用ガラスの最新開発・応用動向

タッチパネルの創成期に市場を牽引してきた抵抗膜式タッチパネル市場は、極薄タイプの硼珪酸ガラスを使用するガラス/ガラスタイプでスタートしました。
その後、フィルムの品質向上により、ガラス/ガラスタッチパネルは一時用途が 限定的となっていましたが、信頼性を求める車載用ではカーナビゲーションの普及により大幅に数量アップすることになり、また全体的なタッチパネルの用途拡大の中で高信頼性が確保できるため、産業用の他、一部モバイル、PC用のタッチパネルにも搭載されるようになりました。
一方、静電容量方式はスマートフォン、タブレットなどに採用され、急拡大する中でコストダウンも進み薄型化の要求も強くなってきました。ガラスの厚みをコントロールする方式としては、製板方法だけでなく、ガラスエッチングによる方法も採用されており、切断にも応用されています。



続きを読む »

1 May

パナソニック、印のタタ財閥と提携 同国で売上高3倍目指す

パナソニックは30日、タタ自動車を傘下に置くインドの財閥タタ・グループと提携し、現地での協業を強化する方向で一致したと発表した。インドでのパナソニックの売上高を2015年度に12年度の約3倍となる40億ドル(約4千億円)に増やす計画も明らかにした。
 タタとの関係強化は、戦略的な協力関係を構築し、経済成長が続くインドでの需要を取り込むのが狙い。津賀一宏社長がタタ・グループ幹部と現地で会い合意した。
 家電の取引があるタタ側と自動車分野を軸に協力を広げる方向で検討する。パナソニックは中期経営計画で自動車関連を柱の一つに位置付けている。



1 May

AUO lands more Ultra HD TV panel orders from Philips

AU Optronics (AUO) is expected to further bump up its shipments of Ultra HD TV panels due to a recent order increase from Philips for 55- and 65-inch units, according to industry sources.

The orders from Philips are expected to help with AUO's performance in 2013. AUO also has Ultra HD TV panel orders from Sony and Toshiba in 2013, the sources added.

Philips is also planning to release an 84-inch Ultra HD TV, but with panels supplied from LG Display, said the sources.
1 May

パナソニック:インドで薄型テレビ生産へ、売り上げ拡大目指す

パナソニック はインドで薄型テレビの生産を開始する計画だ。売り上げ拡大などが狙い。
パナソニックの津賀一宏社長はムンバイで記者団に対し、同社はインド北部のハリヤナ州に工場を建設しており、同工場で日本から輸入した半導体を使用して薄型テレビを生産すると述べた。2016年までにインドでの売り上げを3倍にすることを目標とする。  
同社は2015年以降にインドで半導体の生産も開始する計画だ。調査会社ガートナーによると、インドが2012年に購入した半導体は総額80億ドル(約7800億円)相当で、前年から7.4%増加した。



29 Apr

[連載:液晶の歩んできた道-14] 無アルカリガラス量産化、フロート法・オーバーフロー法(フュージョン法)並び立つ

ガラスの製造法として大きく分けて、フロート法とオーバーフロー法(フュージョン法とも言う)という二大勢力があります。
フロート法とは、プールのような広さで超平坦度を保った溶解スズの上に溶けているガラスを流し込み徐々に冷やしていって平坦なガラスを作る方法です。
一方オーバーフロー法は、高層階建てのビルの上にある溶解炉から溢れ出たガラスが下に垂れ下がる過程で水飴が固まるのと同じように固めてガラスを作る方法です。溶解炉は溢れた溶解ガラスが幅を持ってカーテンのように垂れ下がるように形状の工夫がされています。(下図)

Owly Images
静かに開発競争が進行し、両者が自分たちの優位性を主張し、譲り合わずに最後まで自分たちの工法の完成を目指しました。




続きを読む »

25 Apr

米アマゾンがネットテレビ・セットトップボックス(STB)を年内発売へ、アップルに対抗

ブルームバーグ・ビジネスウィークによると、米オンライン小売のアマゾン・ドット・コムは、テレビに接続してインターネット経由でアマゾン独自の映像コンテンツを視聴できるセットトップボックス(STB)を年内に発売する見通し。

アップルTVなどに対抗する狙いがある。

アマゾンからのコメントは得られていない。



25 Apr

東芝、米ブリッジラックス社から白色LEDの開発資産を買収

東芝は23日、米ブリッジラックス社(カリフォルニア州リバモア市)から白色発光ダイオード(LED)の開発資産を買収したと発表した。買収金額は70億―80億円程度とみられる。ブリッジラックスはシリコンウエハー基板上に窒化ガリウム結晶を成長させる技術を保有するベンチャー。
 東芝は約40人の開発者も引き継ぎ、白色LED事業の拡大につなげる。両社はこれまでに窒化ガリウム結晶の技術を使った白色LEDを共同開発。東芝がLED素子を本格量産するため、技術資産を買収し事業展開を加速させることにした。同技術を活用すれば、より大口径のウエハーで素子が量産できる。
 東芝は昨年秋から子会社の加賀東芝エレクトロニクス(石川県能美市)の工場内に200ミリメートルウエハーのラインを新設、白色LED素子の量産を始めた。消費電力が低い白色LEDは、照明や液晶テレビのバックライト向けなど多くの用途で需要が拡大。



25 Apr

韓国ディスプレイコンファレンス2013

 ---------------------! ---------------------------------
 ■ KDC2013の概要
 ------------------------------------------------------
  - 次世代ディスプレイ産業の最新動向と展望
  - TV製品戦略と次世代FPD TV展望
  - デジタル・サイネージの最新動向
  - 環境配慮型OLED照明と、感性OLED照明の開発動向
  - 中国のディスプレイ、スマートフォン事業の分析と戦略
  - ディスプレイ用光学フィルム、次世代偏光フィルムの技術開発動向
  - タッチパネル技術の最新動向

 ------------------------------------------------------
 ■ KDC2013の特徴
 ------------------------------------------------------
  - ディスプレイ産業の市場・技術動向分析と検証
  - 世界ディスプレイ業界の専門家との情報交流機会の提供
  - 経営戦略・研究開発のための�œ! �新情報吸収の機会を提供

続きを読む »


当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  •  iPhoneX失速鮮明、販売台数シェアで1割切る
  • サンパワー、1500億円相当の太陽光発電リース債権 2億ドルで売却へ
  • ブラザー工業、屋外用ヘッドマウントディスプレー発売 ドローン撮影などに
  • 2画面スマホ「M Z-01K」を5日間メイン端末として使ってみたレポート
  • Jディスプレ4~12月期、最終赤字1006億円 スマホ向け苦戦、特損も
  • アップルは巨大になりすぎた!? iOSの開発方針を転換
  • 再生可能エネルギーは「2020年までに化石燃料よりも安くなる」
  • アップル・Valve・LGら有機ELディスプレイ開発企業に出資
  • 三星電子、「ザ・ウォール」の商用版を公開
  •  ブイ・テクノロジー、山形県米沢市に有機EL用マスク生産工場
  • ドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」を2月9日発売
  •  JDI 提携交渉長期化 来年度に持ち越しへ 液晶揺り戻しで一服、減損幅の縮小検討
  •  Supplying Flexible OLEDs LG Display, Sony Expand OLED Partnership into Smartphone Sector
  • TDK、発電効率1.3倍の太陽電池 IoT機器向けに年内製品化
  • 東レ、韓国に1000億円投資の勝算 サムスン・LGなど需要家集中、戦略の要に
  • 64,800円でフルHD対応15.6型の液晶ペンタブレット
  • ASUS、ペン対応で重量870gの軽量薄型10.1型2in1
  • LG、4K/HDR+ハードウェアキャリブレーション対応の27型液晶「27UK850-W」
  • 米国、台湾・中国などの太陽電池にセーフガード
  •  鴻海、iPhone製造部門の上場検討 企業価値数兆円 巨額投資を加速
  • 新型液晶、次期アイフォーンに=有機EL攻勢に一矢-JDI
  • タグ・ホイヤー、新作コネクテッドウォッチ コレクション--1944万円のモデルも
  •  シャープ有機ELスマートフォン、6月にも発売=戴社長
  • 復活アイワの4K液晶テレビが1月18日発売。55/49/43型の4Kベーシック機
  • ジャパンディスプレイ、「電子棚札」向け高精細電子ペーパー
  • iPhone X、20代から不評が相次ぐ、スティーブ・ジョブズが生きていたら、こんな製品絶対出さなかった
  • iPhone速度抑制、新モデル買い替えを促され悪質と世界に波紋 仏で予備捜査
  • <CES>サムスンが発表した世界初 “マイクロLEDテレビ” とは何か、どう凄いのか?
  • LGディスプレイの巻取り型有機ELが未来すぎる! 88型の8K有機ELパネルにも刮目
  • Hisense shows a 150-inch 4K 'Laser TV' projector
コメントありがとう