return_to_forever

Flat Panel TV and Display World-2....液晶・業界・動向

液晶・有機EL・プラズマ、FPD業界・パネルメーカー・関連企業情報を掲載。当ブログで激しい市場動向に追随!--Since Nov.2004



【データベース】  ●液晶価格トレンド   ●中国液晶工場投資   ●有機EL工場・投資一覧  ● 液晶・有機EL業界地図
【企業研究】   ●サムスンディスプレイ   ●BOE (京東方)     ●ジャパンディスプレイ   ● NLTテクノロシ゚ー
【FPD関連企業】 ●銘柄株価一覧  
28 Nov

博多駅から始動 国内最大・大型有機EL曲面型デジタルサイネージ

prl1711271502105-p12018年春、JR九州グループの広告代理店であるJR九州エージェンシー株式会社が、国内最大の大型有機EL曲面型デジタルサイネージを、国内で初めてJR博多駅(福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1)に導入し、運営を開始いたします。
大型有機EL曲面型デジタルサイネージは、大日本印刷株式会社とLGグループの技術を集めて開発されました。高精細で包み込むような臨場感と迫力の映像世界を提供することにより、空間演出を中心に、今後のコミュニケーションメディアとして大きな可能性を有しています。



続きを読む »

28 Nov

LG超大型LED、アトレティコ・マドリードの新球場「ワンダメトロポリタンタノ」に設置完了

LG signage 6773_5550_1443LG電子が、スペインマドリッドの名門サッカーチーム「アトレティコ・マドリード(Atletico Madrid)」の新しい本拠地に超大型LED電光掲示板の設置を完了した。 「アトレティコ」は2017-2018年シーズンから「ワンダメトロポリタンタノ(Wanda Metropolitano)」をホーム球場として使用する。

ワンダメトロポリタンは最大6万8000人を収容できる大型競技場である。LG電子は、3台の大型スコアボードを含めて合計755㎡の大きさのLEDサイネージを設置した。



続きを読む »

27 Nov

[更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)

[更新情報] 2017年11月の価格情報を追加しました。
(2017年11月)
価格下落が継続しており、32"は前月比変動が無かったが、40"以上は約$6-7の低下となった。
中国テレビメーカーが引き続き在庫消化に動いている。

f89398ce9e_z【用語辞典 (技術・ビジネス・企業) 】に、(液晶)パネル価格のトレンドウォッチを追加します。
技術開発・市場開拓そして工場投資・サプライチェーンさらに各国の政策などの企業・業界・社会活動の結果とそれに伴う需給関係の変化によって価格が決定されているわけで、大変重要な指標の一つとして見ていきたいと思います。




保存保存保存保存保存

続きを読む »

27 Nov

台湾メディアテック前COOが小米へ、止まらぬ人材流出

中国のスマートフォン大手、小米科技(小米、シャオミ)は21日、IC設計最大手、聯発科技(メディアテック)の朱尚祖・前共同営運長(COO)を、小米の産業投資部パートナーに迎え入れると発表した。年俸は1億台湾元(約3億7,500万円)以上とみられている。

業界関係者は、こうした高度人材は高待遇だけでなく、より大きな活躍の舞台を求めて転職していると分析。中国の電子業界のさらなる発展が見込まれる中、台湾半導体業界の高度人材が中国企業に活躍の場を求めるケースが止まらない。22日付経済日報などが報じた。



続きを読む »

26 Nov

スマートフォン用液晶パネル、値下がり

スマートフォン(スマホ)に使う中小型液晶パネルの価格が下がっている。LTPS(低温ポリシリコン)タイプの5.5型(フルHD、カバーガラスなど含まない)の大口価格は11月に1枚当たり11~12ドル。前月に比べ1%、年初との比較では2割下がっている。

 LTPS液晶は主に高価格帯のスマホに使う。米アップルが「iPhoneX(テン)」に有機ELパネルを採用し、供給過剰感が出ている。差異化のため縦に長い液晶パネルの採用も増えており、従来型の需要減少に拍車がかかっている。



続きを読む »

26 Nov

iPhone Xへの採用で有機ELの市場規模が拡大 矢野経済研究所調べ

矢野経済研究所は、世界市場における有機ELパネルとその主要部材の調査を実施。2016年の世界市場は前年比135.9%の4億2200万枚となり、同社では2018年は前年比134.1%の6億3550万枚まで急成長すると予測している。

 2016年は従来ハイエンドスマートフォンを中心としていた有機ELパネルがミドルエンドまで採用領域を広げ、スマートフォン向け市場は前年比135.1%の3億9800万枚と急成長。当時、中小型有機ELパネルを唯一量産していたサムスンディスプレイが中国系スマートフォンメーカーにも有機ELパネルを販売開始し、世界市場は前年比135.9%の4億2200万枚まで成長した。



続きを読む »

24 Nov

Quantum Dot Display Technology Coming to LCD's Rescue

Nanosys_QD_Roadmap
Suppliers are trying to ignite replacement demand in the TV market with higher resolutions (4K, 8K), WCG (Wide Color Gamut), HDR (High Dynamic Range) and higher luminance. In the TV market, LCD panel suppliers are trying to reduce the image quality performance gap with OLED.
TV manufacturers are shifting to higher resolutions to offer better picture quality. But adoption of WCG and HDR with 4K resolutions really helped consumer to see the visual quality differences and experience it. Quantum dot enhanced backlight light in LCD TV takes it to the next level with an even wider range of colors and luminance.


続きを読む »

24 Nov

Emirates unveils brand new cabins for its Boeing 777 fleet

emirates panasonicEmirates has unveiled completely refreshed interiors for its Boeing 777 aircraft, including its highly anticipated new First Class private suites.

With floor to ceiling sliding doors and sleek design features inspired by the Mercedes-Benz S-Class, Emirates’ new suites takes luxury and privacy to the next level. Offering up to 40 square feet of personal space each, these spacious, fully-enclosed private suites are laid out in a 1-1-1 configuration.



続きを読む »

23 Nov

「TOSHIBA」使用権40年 テレビ事業買収の中国家電大手ハイセンス

toshiba origin_1経営再建中の東芝からテレビ事業を買収する中国家電大手の海信集団(ハイセンス)が、「TOSHIBA」ブランドを40年間、全世界で販売するテレビで使用できる権利を取得することが22日、分かった。東芝の知名度や信用力を生かし、高価格帯製品の販売拡大に弾みをつけたい考えだ。

 日本市場では、引き続き国内電機大手と比べ2~3割程度安い自社ブランド製品の販売に力を入れる。来年2月以降に買収を完了する「東芝映像ソリューション」(青森県三沢市)は「REGZA(レグザ)」ブランドの製品を継続し、価格や機能での違いを明確にする。



23 Nov

サムスン、全部門で技術革新活動 半導体の成功体験をスマホや家電に

韓国サムスン電子は22日、革新的な素材や技術を発掘し実用化する取り組みを社内のすべての事業で始めると発表した。先行して導入した半導体部門で成果がみられるため、スマートフォンと家電の2部門にも成功体験を広げて競争力を高める。
人工知能(AI)専門の研究組織を新設することも決めた。  社内で「ビジネスデベロップメント(BD)」と呼ぶ、急速に進む技術革新と事業領域の多様化に対応するための活動を拡大する。
「オープンイノベーション」が盛んな米国を拠点に、半導体とディスプレーで成果を上げたソン・ヨングォン社長が、今後は全ての事業でBDの指揮をとる。



続きを読む »

23 Nov

液晶パネル、下落止まらず テレビ向け 販売低迷で

 テレビ用大型液晶パネルの値下がりが止まらない。11月の大口価格は前月比1~6%安く、年初に比べ1~2割下がった。2016年後半から続いた高値の影響でパネルを組み込むテレビの価格が下がりにくくなり、米国や中国でテレビの販売が低迷している。パネルの値下がりは来年以降、テレビの店頭価格に反映されそうだ。

  指標品であるオープンセル(バックライトなどがつかない半製品)の32型は、大口価格が1枚67ドル前後と、前月に比べ1%安い。年初比では11%下がっており、1年4カ月ぶりの安値水準だ。「数カ月先を見越した商談は、60ドルを切る話が出ている」(電子部品商社)



続きを読む »

22 Nov

iPhone Xの有機ELディスプレイに取って代わるマイクロLEDディスプレイのためにAppleがTSMCと協業か?

Appleがリリースした「iPhone X」は、iPhoneシリーズ初のOLED(有機ELディスプレイ)採用端末です。しかし、Appleは今後数年以内にOLEDに取って代わると期待されているマイクロLEDディスプレイ技術の開発にも取り組んでおり、そのために台湾の電機メーカーTSMCと協業していると報じられています。


続きを読む »

22 Nov

サムスン電子、最高業績に大盤振る舞い役員人事

空前の半導体好況を受けてサムスン電子の業績も絶好調だ。「信賞必罰」で知られるだけに、過去最大規模の役員人事を断行した。韓国は超競争社会だ。サムスングループは「夢の就職先」だ。その中でもサムスン電子は飛び抜けた収益力だ。この会社の役員というのは、だから、サラリーマンの頂点でもある。


続きを読む »

22 Nov

EIZO、内視鏡モニター 4K映像に対応

 EIZOは手術・内視鏡用の31.1型モニター「CuratOR EX3140」を2018年2月1日に発売する。4Kに対応しており精細な映像を表示できるほか、表示できる色の領域もシリーズの中で最も広い。フルHDの映像もより鮮明に表示する機能を搭載。繊細な手術などに取り組みやすくなる。価格はオープン。

続きを読む »

21 Nov

アップルARメガネ18年末にも発売、クアンタが受注か

市場観測によると、アップルは2018年末~19年に発売する予定のAR(拡張現実)メガネの生産を広達電脳(クアンタ・コンピュータ)に委託する。クアンタは非公開で、梁次震副董事長が率いる1,000人規模の研究開発(R&D)チームを組織した。
アップルの参入でAR産業は大きな盛り上がりを見せ、AR市場の規模は22年に96億米ドルと、昨年の10倍に拡大する見通しで、台湾メーカーの新たな商機になることが期待されている。20日付経済日報などが報じた。

市場観測に対しクアンタ広報は、特定の顧客に関してはノーコメントとした。ただ、クアンタは近年AR分野に注力しており、R&Dチームがあるのは確かで、クラウドコンピューティングのソフト・ハードウエアまでカバーしていると説明した。



続きを読む »

21 Nov

BOE合肥10.5世代8K液晶ライン、前倒しで17年内稼働

パネル大手、中国BOE(京東方)の王東昇・董事長は2017年11月14日、中国湖北省武漢で同社が開いたイベントで、安徽省合肥の第10.5世代液晶(TFT-LCD)生産ラインについて、18年を予定していた本格稼働を17年12月に前倒しすると表明。
「同ラインの稼働で、世界は8K新時代に入る」と述べた。

21 Nov

太陽光の新設容量、17年に初の100GWへ 欧団体公表

欧州の太陽光発電業界団体であるSolarPower Europeは、太陽光発電の新規導入量が2017年にグローバルで初めて100GWの水準に達するとの見通しを17年10月26日に発表した。76.6GWの太陽光が系統連系された16年の水準から30%以上の成長になるという。

 同団体のMichael Schmela参与兼市場情報部長は「政策による後押しが太陽光発電の増加に寄与した。太陽光はクリーンなエネルギーであり、世界のほとんどの国で現在最も低コストの発電技術となっている」と述べている。



続きを読む »

20 Nov

鴻海シャープ、謎の中国拡販部隊 テレビ1000万台

sh hh 2017X13001-PN1-3
日本の電機大手で初めて海外企業の傘下に入ったシャープ。親会社の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業から社長として乗り込んだ戴正呉はシャープのV字回復を達成し、今度は「年間テレビ販売台数1000万台」を表明した。現在の2倍という無謀ともいえる計画を担うナゾの販売部隊と、その先の狙いを探った。
 「1000万台は今年度に恐らく達成できる」。8月末、シャープが5年ぶりに出展した欧州家電見本市(IFA、独ベルリン)。社長の戴はこう自信を見せた。16年度のテレビ販売は543万台で、シャープ最盛期の2010年度の3分の1だ。これを倍増させ1000万台の大台にもどす。それまで2018年度としていた計画の1年前倒しに周辺はどよめいた。


続きを読む »


当サイト特集カテゴリー
1.液晶の歩んできた道(第一部)
液晶の黎明期から実用化を果たすまでの過程をわかりやすく解説することを目指して書きました。

2.液晶の歩んできた道(第二部)
液晶が当面の最終目標だった大型テレビに採用され夢の平面テレビが実現した過程を解説していく予定です。(開始時期未定)

3.用語辞典(技術・ビジネス・企業)
管理人特選の最新技術用語やビジネス用語・関連企業を解説しています。時間の許す限りのアップ、今後充実を目指します。
掲載年月から記事を探す



Twitter プロフィール
Flat Panel TV and Display Worldサイト管理人です。薄型パネルの最新情報を発信しています。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人へのメッセージ


[FPD関連本]

フラットパネル資料館

日本の電機産業 失敗の教訓












カテゴリーごと記事
記事掲載の写真
  • 新赤色蛍光体開発 小糸製作所、安定した白色光実現
  • 50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
  • 有機ELは日の丸連合つくるべき=シャープ社長
  • 4Kテレビ、前年比3割安も PBや海外品存在感
  • Gen 10 and Larger Flat Panel Display Capacity to Grow at 59 Percent CAGR to 2022, IHS Markit Says
  •  国産有機ELの灯つなぐ JOLEDが初出荷 苦節10年、パナソニック・ソニーの技術を継承
  • 新4K8K衛星放送へあと1年。深田恭子が推進、対応TV来夏以降。帯域再編でBS録画に注意も
  • 新4K8K衛星放送へあと1年。深田恭子が推進、対応TV来夏以降。帯域再編でBS録画に注意も
  • 京成電鉄、車両に4カ国語の液晶案内板
  • フィリップス、HDR 10対応モデルなど液晶ディスプレイ4モデル
  • 博多駅から始動 国内最大・大型有機EL曲面型デジタルサイネージ
  •  LG超大型LED、アトレティコ・マドリードの新球場「ワンダメトロポリタンタノ」に設置完了
  • [更新] 液晶パネル価格トレンド (LCD Panel Price Trend)
  • Quantum Dot Display Technology Coming to LCD's Rescue
  • Emirates unveils brand new cabins for its Boeing 777 fleet
  •  「TOSHIBA」使用権40年  テレビ事業買収の中国家電大手ハイセンス
  • 鴻海シャープ、謎の中国拡販部隊 テレビ1000万台
  • アップルウォッチが四半期で約400万台の売上、Series 3が高評価
  • SCREEN 歩留まり悪化を防止 有機ELパネル用の塗布現像装置2種
  • 平昌五輪の公式テレビ、三星が供給へ 韓国メーカーの五輪供給は初めて
  • [更新] BOE Technology Group (京東方): 事業概要・生産ライン・技術
  • [更新] BOE Technology Group (京東方): 事業概要・生産ライン・技術
  •  有機ELテレビ、1~2割値下げ 年末商戦後押し 平均価格36万円
  • 「iPhoneX」の部品コスト、「8」を115ドル上回る-IHS
  • 中国液晶パネル最大手BOE ジャパンディスプレイ支援に意欲
  • 大画面で柔軟な有機ELパネル、酸化物半導体で実用化に前進
  • フィルム型ペロブスカイト太陽電池、世界最高性能の変換効率18%に
  • 自腹購入iPhone Xでわかったアップルの思惑と現状の不満点
  • JR東京駅「サイネージ ショーウィンドウ」において8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』の展示を開始
  • [韓国報道] 三星電子、テレビの「プレミアム戦略」に拍車
コメントありがとう