透明導電膜は、太陽電池やLCD、PDP、有機EL、タッチパネルなど幅広いデバイスで使用され、今やなくてはならない存在となっています。その代表的な材料であるITOに使用されているインジウムは、中国やアフリカ諸国など産出地の国々の政策や経済情勢次第で安定供給が損なわれる可能性もあることから、その代替材料の研究開発も活発に進められています。



The
また、フレキシブル太陽電池などのフレキシブルデバイスにおいては、フィルム上に透明導電膜を形成する際にはプロセスの低温化が不可欠であり、低電圧マグネトロンスパッタ法など、様々な低温での作製法が用いられている他、ロールtoロール方式による製造も多く用いられています。