10月26日に発売開始されたWindows8は、特長として投影型静電容量タッチパネルへの最適化を前面に押し出している。
PCメーカー各社がWindows8に合わせてタッチパネル搭載のノートPCやAIO(All in One PC)を発売しているが、タッチパネル搭載モデルの今後の普及拡大については大きな課題がある。
タッチパネルを採用したPC端末は以前から製品化されている。しかし、操作性が現在ほど向上しておらず、さらにタッチパネルのコストが高かったことから普及が進まなかった。
Windows8は、アイコンをタイル状に表示するユーザーインターフェースやフリックによるスクロール操作を取り入れるなど直感的な操作性を重視し、タッチパネルの操作性を向上させている。



しかしながら、コスト面では依然として課題が残る。大型サイズの投影型静電容量タッチパネルの需要が急増する一方で、大型サイズの同方式のタッチパネルを供給できるメーカーは限られている。必然的に価格は高止まりしており、PC関連メーカーはタッチパネル用部材や製造工程の見直しなどの面からも低コスト化に向けた対策を強めている。
年末に一斉に発売となったWindows8搭載PCにおいても、PCメーカーはタッチパネルの搭載に慎重な動きを見せており、当初の期待に反し搭載率は伸び悩んでいる。タッチパネル搭載率の向上のためには、ユーザーへの利便性の訴求、タッチパネル搭載PCの高付加価値化、タッチパネルの低コスト化などを並立させて行かねばならない。