DigiTimesによると、AU Optronics(AUO)やInnoluxなど台湾LCDメーカーはフレキシブルを含むアクティブマトリクス型有機EL(AM-OLED)の開発投資を継続して実施しているという。AUOやInnoluxでは、モバイルだけでなくTV用にもAMOLEDを展開していく計画で、AMOLEDの将来を楽観している。しかし、AUOは蒸着プロセスがボトルネックとなっており、歩留り向上に苦心している。一方、Innoluxはリソース不足から白色OLEDの開発が足踏み状態に陥っているとしている。