Appleの次世代iPad miniは、ディスプレイ解像度を上げることをセールスポイントにすると、台湾バックライト業界関係者が明らかにした。関係者は、iPad miniにRetinaディスプレイを搭載するかどうかは明らかしなかったが、市場アナリストは、iPhoneやiPadなど、過去のApple製品の後継機種への進化過程からすると、搭載の可能性が高いと見ており、アプリのユーザー浸透性の観点から9.7インチのiPadと同じ解像度を採用する可能性が高いと予想している。iPad miniにRetina技術が搭載された場合の解像度は2,048 x1、536、インチ当たりの画素数は326ppiである。
また、Appleが次世代アイパッド(9.7インチ)では、重量を減らすために2個のLEDライトバーを1個のバックライト構造に変えると消息筋は伝えた。