競争関係にあるApple,サムスン,Google等12社が米国Kodakの特許を5億ドルで共同買収した。
特許取引専門企業のIntellectual VenturesとRPX Corporationによるコンソーシアムが、Kodakの特許を買収する代価として5億2500万ドルを支払うことにしたと伝えた。7月に破産保護申請中の米国Kodakの特許売却にApple、MS(マイクロソフト)などが所属するIntellectual Ventures、サムスン、Googleなどが所属するRPX Corporationが特許権買い取りのための競争をしてきたが、最近,になり、共同コンソーシアムを構成してKodakの特許権を取得したものだ。

[REF]January 13, 2012 "破産の危機"コダック、アップルとHTCを提訴



このコンソーシアムには、Apple、Google、Research In Motion(RIM)、HTC、Facebook、サムスン、Adobe Systems、富士フイルム、Microsoft 、Amazon、Huawei、Shutterflyなど12の企業が参加したことが分かった.。
買収した特許は、スマートフォンやタブレットPCカメラでの写真撮影と画像処理技術、画像保存と分析技術に関する1,100以上の特許だが、26億ドル相当の価値があったと言われている。
しかしKodakとしては、今回の知的財産売却などによって2013年前半には商用画像処理事業に再参入の準備が進められるとしている。Kodakは2012年1月に破産申請し、約4,000人の従業員を解雇したが、2003年以来の解雇者は約50,000人となる。