Appleの採用状況から、同社の未来戦略が推測されている。AppleはRetinaディスプレイの次にくる革新を試みているのかもしれない。
Appleが、OLEDディスプレイ技術の専門家として優れたノウハウを持つイ•ジョンギル博士を採用したことが分かった。AppleはLGディスプレイ出身のイ•ジョンギル博士を採用したことで、Bendable OLEDや、OLED駆動回路など、様々な関連特許の運用が可能になったと見られている。OLEDディスプレイは、スマートフォン、タブレットなどの中小型ディスプレイ市場の主流となっているLCDより明るく鮮やかな色表現が可能で、屋外でも鮮明な高解像度の映像を提供する可能性がある。Appleがディスプレイに関し幅広い選択肢の検討に入るものと思われる。