韓国国内で販売中のスマートテレビに対する比較評価が初めて発表された。 

  韓国消費者院は14日、サムスン電子・LG電子・ソニーなどのスマートテレビ6製品に対する比較・分析結果を発表した。 評価製品は、一般家庭で主に使用する40インチ台の発光ダイオード(LED)テレビのうち、3次元(3D)機能があるものを選定した。中国産のソニー製品に比べ、韓国で生産されるサムスン・LGの製品は品質が優れていることが分かった。 サムスン・ソニーは46インチ、LGは47インチ製品だ。 

  消費者院は「デジタルテレビは評価項目が多く、分析に時間がかかるため、比較評価が難しい」とし「昨年3月から10カ月間にわたり専門家10人を含む約30人が分析した結果」と説明した。 

  200万ウォン(約17万円)以上の高価スマートテレビの場合、サムスン・LGがともにソニーを大きく上回った。 サムスンが音質でLGよりやや優れ、LGは3D用メガネがサムスンより使用しやすいという程度の差を除いて、画質など両製品の性能はほぼ同じだった。 



  サムスン製品はテレビ画面の光反射が少なく、明るい部分と暗い部分が細かく区分されている。 また音声再生が可能な周波数の範囲が広く、音質も優秀だった。 

  LG製品は横から画面を見る場合も画質がよく、原色再現性が優れているという評価を受けた。 製品価格はサムスンがやや安く、電力料金はLGが少ないと評価された。 

  ソニー製品は価格が安く、低音専用のスピーカーがあって音声の品質がよい。 しかし原色再現性がやや落ち、2D映像の品質で低い評価を受けた。 3Dメガネの左右の明るさの差も大きいと指摘された。 

  3社の高級製品はともに音声や動作認識で検索語を入力し、アプリケーションを実行できるなど、スマート機能が優秀という評価を受けた。 しかし100万ウォン台の低価格スマートテレビには、ウェブサーフィン、ゲームなどのスマート機能はあるが、複数の機能を同時に使用すれば高価製品に比べて処理速度が落ちる問題が発生した。 また高価製品に比べて画面の反射が激しかった。 ただ、肉眼で一般的な2D・3D画面を視聴するうえで問題はなかった。 
低価格スマートテレビの中では、LG電子の品質が最も優秀だった。 特に映像の品質とスマート機能が優れていた。 原色再現性が優れ、2D映像の品質で高い評価を受けた。 3D映像も明るく、左右両目でそれぞれ映像が明確に伝わるなど品質が高かった。 スマート専用リモコンがあり、スマート機能も便利に利用できると評価された。 しかし価格はサムスン・ソニー製品より17万-26万ウォン高かった。 音声の品質はサムスン製品が最も優れていた。 ソニーは検索語入力が不便という指摘が出るなど、スマート機能がサムスン・LGに比べて大きく落ちた。 


  消費者院は「昨年の該当製品購入当時に内蔵されたソフトウェアを基準に評価した」とし「スマートテレビはソフトウェアバージョンが随時アップグレードされるため、現在販売されている製品の評価結果は異なる可能性がある」と説明した。 

  消費者院は「半額テレビ」など価格競争が激しい100万ウォン台以下の一般デジタルテレビも5製品を選定して比較評価した。 その結果、製造会社間の品質の差は大きかった。 サムスン・LG製品はすべての項目で普通以上の評価を受けた。 サムスン製品は消費電力では最も優秀だったが、PC(RGB)入力端子がなく、画面が左右に回転しないため、使用便利性はLG電子より一段階低い評価を受けた。 

  TG三宝の製品は映像の品質で最も高い評価を受けたが、音声の品質が落ちた。 70万ウォン以下のオリオン情報通信・ハイアール製品は映像と音声の品質がやや落ちた。 またTG三宝・オリオン情報通信・ハイアール製品は42インチの大きさにもかかわらず、46インチのスマートテレビより電力消費量が多かった。