米国特許庁は米国時間の2013年2月21日、腕時時計型携帯端末についての米Apple社の特許申請書類「BI-STABLE SPRING WITH FLEXIBLE DISPLAY」を公開した。Apple社が2011年8月に申請した書類で、特許申請番号は「20130044215」である。「双安定バネ」と呼ばれる特殊なバネを使うほか、太陽電池やバネ・エネルギーの回収といったエネルギー・ハーベスティング技術の利用にも言及している。



この特許申請でApple社は、新端末を「wearable video device(ウェアラブル動画端末)」と表現している。具体的には、フレキシブル基板を用いたフレキシブル・ディスプレイを搭載し、双安定バネを利用することで(1)薄型平面ディスプレイ、(2)腕時計のように腕に巻きつけた状態でのディスプレイ、の二つの状態を使い分けられるようにしたものであるとする。無線通信機能を用いて、iPhoneなどと双方向通信をできるようにもする。

 ディスプレイの実現技術としては、アクティブ・マトリクス型の有機ELディスプレイを挙げている。無線通信機能には、5GHzでのIEEE802.11n規格、そして双安定バネには、「レイヤード・スチール・バンド(layered steel band)」の利用を想定する。

 独自の機能としてアピールするのは、ディスプレイの表示部分を適応的に変更できる機能である。具体的には、ディスプレイにはタッチ・パネル機能を付けておき、さらにディスプレイの端にキャパシタのような容量を持つ素子を実装する。これで、ディスプレイを腕に巻きつけた際に、重なった部分をディスプレイ自身が自動的に感知し、表示画面の大きさや位置を変えられるとする。

 ディスプレイの片側には、太陽電池を実装し、さらにバネのエネルギーを回収する素子と見られる「kenetic energy gathering component」と呼ぶ部品を搭載する。これらは、デバイスの電池の寿命を少しでも長く使えるようにするのが目的である。