シャープは主力取引銀行2行から経営幹部を受け入れる方向で最終調整に入った。みずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行から役員含みで各1人が加わる方向だ。シャープは台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業との資本提携交渉がまとまらず、新たな資本増強策などを模索している。幹部受け入れや追加融資など金融機関に支援を仰ぎ、経営再建を加速する考えだ。
 シャープ首脳は外部からの役員受け入れに前向きな姿勢を示しており、4月からスタートする新年度の幹部人事で、主力2行に人材の派遣を要請する見通しだ。主力2行は幹部派遣により、経営に対し一定の影響力を確保する意向があると見られる。
 以前からシャープ経営陣の足並みの乱れや財務管理能力を不安視し「銀行から役員を派遣して(財務の)マネジメントを補強したい」(主力行首脳)との考えを持っていた。昨年夏頃から役員派遣を検討してきたが、シャープが賛同せず、具体化できていなかった。