figtoraykt04
筑波大学数理物質系の丸本一弘准教授は、安価な次世代太陽電池として期待されている有機薄膜太陽電池の発電中の劣化が、セル内に蓄積された電荷に関与していることを明らかにした。電子スピン共鳴法(ESR)という手法を使って、蓄積された電荷の数を測定し、劣化との関係を調べた。実用化の課題になっている耐久性の向上につながる可能性があるという。



 高分子材料のP3HT、フラーレン系のPCBMという化合物などの有機材料を使った有機薄膜太陽電池セルに対して、光を照射している状態でESR信号から蓄積された電荷の数を測定し、セルの特性を調べた。その結果、光を照射する時間が増えるにつれて蓄積された電荷の数が増加し、特性が劣化することが分かった。
 従来の電気的な測定法では観測できなかった。今回の手法を用いれば、劣化の対策が可能になり、耐久性の向上につながる可能性があるという。