シャープの亀山第1工場(通称=亀1、三重県亀山市)と第2工場(通称=亀2、同)は中空の渡り廊下でつながっている。その一部にシャープ社員の通り抜けが禁じられている通路がある。米アップルの社員数十人が常駐する亀1のフロアに通じる通路だ。
 2011年、シャープは液晶テレビ販売の不振を受け、「世界の亀山モデル」の生産基地だった亀1をスマートフォンやタブレット端末向け中小型液晶の生産拠点に作り替えた。
 このときアップルは、iPhone向けの液晶を安定調達するため、1000億円の設備投資のうち、約700億円を負担したとされている。
 それ以来、亀1は実質的に「アップル専用工場」になっている。亀1は登記上、シャープの工場だが、アップルの機密を扱う部屋にはシャープの社員も立ち入れない。いわば治外法権の「租借地」だ。

昨日の日経新聞が報じています。
シャープ亀山-PB1-37
 「亀1を分社化してほしい」 シャープの経営危機が表面化した2012年春以降、アップルは何度かシャープに亀1の「割譲」を要請していると言います。シャープに万が一のことがあった場合、iPhone向けの液晶パネルの調達に支障が出ると懸念しているからで、逆にアップルからの受注がなくなったら亀1はつぶれてしまうから、シャープも簡単には分社化に同意しない。



そして堺には鴻海の出資。 iPhoneやiPadの組み立ての多くを引き受ける鴻海とアップルは一心同体であり、液晶パネルの重要な供給元であるシャープの行く末を案じるアップルの意をくんで鴻海がシャープに救いの手をさしのべた、と見ることもできます。

そこに今回のサムスン出資話。

サムスンとアップル・鴻海は世界のスマホ、タブレット市場を二分する列強で、堺工場は鴻海、亀1はアップル、本体にはサムスンと米半導体大手のクアルコム。
液晶テレビ市場を席巻した「シャープ帝国」のあちこちに列強の租借地がある状態だと日経新聞。

 「サムスンにも鴻海にも経営介入はさせない。パネル供給はアップル1社に依存しない」
 シャープ幹部は一連の提携戦略の狙いをこう説明する。この1年、列強との提携交渉に明け暮れた会長の片山幹雄と社長の奥田隆司は、列強をけん制し合わせることで弱体化した帝国の主権を保つ、という高度な戦略を練り上げた。
そういう戦略だとしたらすごいですね。思惑をはずれ列強のパワーバランスが崩れたりしたらどうなるのでしょう。いずれにしろ大変な経営ですね。