philips-designline-2-710x473philips-designlineオランダの家電メーカー、フィリップスから、もはやただのガラス板と化した未来型のテレビが今年6月にイギリスで発売される。薄型テレビ登場以来の衝撃となりそうなこの新型テレビ“DesignLine”。フロント部分は1枚のシームレスガラスでできており、電源を切ると、真っ暗の“窓”に姿を変える。
フィリップスによればこの超極薄テレビは、「当社の特徴である軽さと透過性を顕著にほどこした製品で、フレームやテレビスタンドがなく、1枚のガラスのように壁に立てかけることができる」とか。また、スクリーンの上と左右3カ所にライトがついており、映し出される映像とシンクして壁に反射し、まるでスクリーンが浮いているかのような錯覚を味わうことも可能だという。 

画面の大きさは46インチと55インチが用意されており、価格は46インチが2000ポンド(約28万6000円)、55インチが2800ポンド(約40万円)となっている。