シャープは米アップルが投入を計画するスマートフォン(多機能携帯電話)の次期モデル向け液晶パネルの量産を6月にも始める。年初から稼働率低迷に悩まされていたアップル向けスマートフォン用液晶専用の亀山第1工場(三重県亀山市)で5月の連休から量産準備に着手したもよう。同工場は稼働率が4割前後まで落ち込み業績悪化の一因となっていた。



ここにきてようやく月600万台規模のフル生産が視野に入ったことになる。
アップル「iPhone(アイフォーン)5」の次期モデルの液晶パネルは、現行の「アイフォーン5」と仕様が近い。現行品と同様にシャープ、ジャパンディスプレイ、韓国LGエレクトロニクスの3社が受注し、量産に着手した企業もあるとみられる。