佐賀県武雄市は9日、市立の全16小中学校の児童生徒約4千人にタブレット端末を配布し、授業で活用すると発表した。授業への参加意欲を高めるのが狙い。武雄市によると、市立の全小中学校を対象としたこうした取り組みは全国初という。
 タブレット端末の活用は小学校11校では来年4月から、中学校5校は同9月からスタートする予定。武雄市では小学校2校の一部で、2011年4月から同様の授業を先行的に行っていた。
 樋渡啓祐市長は「子どもたちに教育の機会均等を図り、分かりやすい授業を展開することで、学力を向上させたい」とコメントしている。