ジャパンディスプレイ(JDI)は5月21日、5.2型フルHD(1920×1080画素、423ppi)対応のアクティブ駆動型有機EL(AM-OLED)ディスプレイを開発したと発表した。白色OLED+カラーフィルタ(CF)構造で、RGBW4色のサブピクセル構成となっている。
また、石川工場内に少量生産が可能な第4.5世代(4.5G、730×920mm)対応のパイロットラインを導入することも発表した。生産能力は月産4000シート。今年度末より設備を搬入し、2014年春に稼働させる予定。今後は、同ラインにて開発試作を行うとともに、量産化に向けて材料、設備などの検証を進めていく方針。