経営再建中のシャープが、韓国・LGエレクトロニクスから32インチ型のテレビ向け液晶パネルを受注したことが分かった。亀山第2工場(三重県亀山市)で生産する。
 32インチ型は安価だが、シャープは当面の工場の稼働率向上を優先させる一方、中長期的な視野で大口顧客の信用を積み上げ、利益率の高い“本命”の中小型パネルの本格受注につなげる。
 32インチ型は汎用(はんよう)化と価格下落が進んでおり、利益が出にくい。ただ、LGにとっては、亀山第2工場は、円安効果や生産能力の余剰による安定供給が見込め、今回の発注につながったとみられる。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


 シャープは、今年3月に資本提携した韓国・サムスンからも、32型を受注している。この結果、同工場全体の稼働率は3月時点で50%程度を確保、6月末時点で80%弱まで上昇している。

 シャープは、高精細、省エネ性に優れた虎の子の新型液晶「IGZO(イグゾー)」など、利益率の高い中小型パネルの生産比率向上が経営課題。だが、中期経営計画によれば、平成25年4~6月期の中小型パネルの比率は、生産能力全体の10%程度にとどまる見通しなのが実情だ。