ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は家庭用据え置き型ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」を、マイクロソフト(MS)の「Xbox One(エックスボックスワン)」と同じ11月に発売する。SCEは今後1年で1,000万台以上の出荷を見込んでいるとみられ、両社から受注する鴻海精密工業などの他、初めてPS4のサプライチェーン入りを果たした今国光学工業(キンコ・オプティカル)も下半期の出荷増が期待できる。22日付経済日報などが報じた。
SCEのアンドリュー・ハウス代表取締役社長兼グループCEOは20日ドイツで、PS4は11月15日の北米(販売価格399米ドル)を皮切りに、29日に欧州で、クリスマスシーズン前に世界32カ国・地域で発売する予定で、6月の発表以来、先行予約は100万台を超えたと明かした。市場では、日本などアジアでの発売は12月中旬以降、台湾は年末か2014年年初と予想されている。
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
にほんブログ村


 PS4はMSのXbox Oneより100米ドル安く、今年発売する国・地域の数は2倍以上だ。SCEの7年ぶりとなる新型ゲーム機の発売で、大手2社の正面対決となる。サプライチェーン関係者は、久しぶりにゲーム機関連の調達が活発化すると指摘した。
 PS4のサプライチェーンは▽鴻海と和碩聯合科技(ペガトロン)、組み立て▽鴻準精密工業(フォックスコン・テクノロジー)、放熱モジュール▽台達電子工業(デルタ・エレクトロニクス)、電源アダプター▽鉅祥企業(Gシャンク・エンタープライズ)、プレス部品▽聯徳控股(レムテック・ホールディングス)、放熱部品。SCEはこれまでレンズの大部分を日本メーカーから調達していたが、PS4はキンコが独占受注を果たした。
 部品メーカーは第2四半期末に、組み立てメーカーは第3四半期に出荷を開始しており、9月から出荷量が増える。当初準備する在庫は100万~200万台の予測だ。
 一方、SCEとMS両社から受注しているのは組み立ての鴻海の他、▽光宝科技(ライトン・テクノロジー)、電源アダプター・光ディスクドライブ▽正イ精密工業(フォックスリンク、イは山の下に威)、コネクター・コントローラー・光学モジュール。
フォックスリンク傘下の維熹科技(ウェルシン・テクノロジー)は両社の他、任天堂のWiiUにも供給する。