京セラは8月26日、奥松島「絆」ソーラーパーク(宮城県東松島市)への多結晶Si太陽電池モジュール約3.6MWの設置が完了したと発表した。設置されたモジュール数は1万4616枚で、総出力は約2MW。年間約210万kWhを想定しており、一般家庭の約600世帯分に相当する。同ソーラーパークは、三井物産が運営しているメガソーラー発電所で、東日本大震災の復興支援が目的。