DigiTimesによると、台湾InnoluxはUltra HD TV向けパネルの出荷シェアにおいて70%を獲得しているという。同パネルの8月の出荷数は100万台以上に達する見通し。このうち50型が40%を占めており、次に39型が続くとみられ、この結果、2つのサイズに注力するInnoluxが最も恩恵を受けている模様。Innoluxは第3四半期の供給先として、東芝とパナソニックに最も期待しているという。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村