シャープは9月27日、ノートPC向け4K2K(3840×2160画素、282ppi)に対応した15.6型IGZO液晶のサンプル出荷を9月より開始したと発表した。
薄膜トランジスタの小型化が図れ、光の透過率を向上させるIGZO技術の採用により、ノートPC向けで4K2Kの解像度を実現。光の透過率の向上により低消費電力化が図れる他、静止画の表示時に液晶駆動電力を抑えるIGZOの特性との相乗効果で高い省エネ性を発揮、ノートPCのバッテリー駆動の長時間化に寄与するという。
ペン入力ができるタッチパネルの設計にも対応する。2014年2月より亀山第2工場(三重県)にて生産を開始する予定。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村