米IHSは9月27日、2017年まで新興国市場で太陽光発電システムの導入量が急速に伸びる見通しと発表した。特に新興国市場は2012年以降、年平均成長率38%で成長を続け、2017年には10.9GWに達する見込み。
世界シェアでは、2012年の7%から19%になると見られる。新興国のうちタイとトルコは、2013年に最大の市場になると予想され、2か国だけで2013~2017年に累計約3GWに達する可能性があるとしている。