DigiTimesによると、台湾のノートPCベンダーはタッチパネル対応製品の生産を2013年下期に50%減とする計画という。欧米におけるノートPCの需要は弱く、タッチパネル対応製品への需要はさらに低調で、特に15型は大幅減が予想される。このため、タッチパネルメーカーはさらに低価格なソリューションを模索しており、台湾メーカーか
ら価格の安い中国メーカーに受注がシフトするとしている。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村