外電によると、パナソニックはテレビ生産コストを削減するため、中国あるいは台湾同業と提携することを模索しているという。
ただ、パナソニックの中国法人である松下中国は中国メディアの取材に対し、本部からの指示を受けていないと回答した。テレビ業務の不振を受け、パナソニックは同業シャープと同様に、ブランド名を貸し出して生産を外国メーカーに委託する経営手法を選択すると報じられた。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


自社生産では厳しいコスト競争に勝てないと判断されたもようだ。なお、パナソニックは中国や台湾メーカーとの交渉が順調に進んだ場合、早ければ年内にも自社ブランドの委託生産品を中国市場などで販売する見通しだ。