台湾の聯合新聞網が報じたところによると、Appleは4.7インチモデルのiPhone 6向けディスプレイの生産委託先について、ジャパンディスプレイ(JDI)とLGディスプレイの2社を内定したそうです。
通常、iPhone向け液晶は3社で供給する形となっており、JDIとLG、そしてシャープの3社が担当してきましたが、モアレが発生することから、シャープが3社目の枠から脱落したとのこと。
また、シャープと並んで候補に上がっていたSamsungはAppleとの法廷闘争を受けて見送られ、代わりに世界三大液晶パネルメーカーの1つで、台湾・Foxconnグループの液晶パネル製造会社「INNOLUX」が初めて参入するとされています。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


なお、上記記事では最近、シャープがiPad mini向けディスプレイの供給からも外されたと報告されており、Apple専用工場として稼働している亀山第1工場への影響が気になる事態に。
iPhone 6向け液晶供給メーカーにシャープが選ばれたことを3月末に日本経済新聞社が報じていましたが、5.5インチないし5.6インチモデルでは製造を担当するのでしょうか……?