フォックスコン・ジャパンRDが施設大幅増強を目指し、ソニーやシャープを含む日本のパネルメーカーから人材を募っているとDigitimesが記事にしている。
 日本企業は研究開発投資を絞っており若いタレントをリクルートできるチャンスと考えているようだ。
ちなみに社長・副社長共に日本の液晶メーカー出身者である。
フォックスコンとしては、フォックスコン・ジャパンRDの活動を通じて、次世代パネル関連商品(OLED,IGZO)の量産でリーダー的位置を獲得したいとしている。
ここから管理人意見ですが、先日のNHK BSでのフォックスコン特集(郭会長とと もに日本人社長・副社長も登場)で見る限り会社としての体をなしていないし、 経営マネジメントとしても全くの能力不足で本社との関係もぎこちない。
もし若い知人がフォックスコン・ジャパンRD転職を考えて相談に来たとしたら、これらの状況から熟考するように勧めますが...
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


Foxconn Japan RD, a R&D center established by Foxconn Electronics (Hon  Hai Precision Industry) in the second half of 2013, is continuing to  expand facilities in Japan and is taking on talent from major
 Japan-based panel makers and vendors including Sharp and Sony, according  to industry sources.
  The sources pointed out that Japan-based players have been reducing  their investments on R&D due to the weak global economy and market  demand and the situation has given Foxconn chances to recruit young  talent in Japan.
  President and vice president of Foxconn Japan RD were both  ex-executives of Japan-based LCD panel players, the sources said.
  Through the R&D center, Foxconn is looking to acquire leadership in  mass producing next-generation panel-related products such as organic  electro-luminescence and IGZO panels, the sources added.