ジャパンディスプレイ (JDI) は、7.0型タブレット用ワイドUXGAフォーマット(1,200(横)x1,920(縦) 画素:WUXGA) のWhiteMagicTMTFT液晶モジュールを開発、サンプル出荷を開始した。
WhiteMagicTMは、これまでデジタルカメラやスマートフォン向けに広く供給されているが、今後はタブレット向けにも供給が可能になる。
WhiteMagicTMは、従来のRGB画素にW(白)画素を加え、JDI独自の信号処理技術で画像表示用データを生成すると同時にバックライト輝度を適切にコントロールし、画像品質を保ちながら電力を削減するシステムを搭載した製品で、従来製品と比べて最大40%の電力削減が可能になる(注)。
高いディスプレイ輝度が必要な場合にはRGBW画素の高い透過率を活かし、従来製品と同等の消費電力でバックライト輝度を2倍程度まで高めることも可能。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


タブレット向け液晶ディスプレイは、その大きさのためにバックライトの消費電力が高く、タブレット製品のバッテリ駆動時間を制限してしまうという課題を 持っていた。JDIの省電力液晶モジュールWhiteMagicTMはこの課題を改善し、バッテリ駆動の長時間化を実現した。また明るい外光に負けない高 輝度表示で屋外視認性を向上できるため、さまざまなタブレットの利用シーンで快適なディスプレイ表示も可能にしている。
このモジュールは、この6月にカリフォルニア州サンディエゴで開催中のSID DISPLAY WEEK 2014で展示発表された。

(注) JDI調査:表面輝度500cd/m2時のバックライト消費電力とパネル消費電力で比較(JDI開発のlocal dimmingバックライトは搭載せず)。電力削減率は表示画像により異なる。
尚、WhiteMagicは、株式会社ジャパンディスプレイの商標。

 <WhiteMagicTMTFT液晶モジュール仕様>
液晶モード :     LTPS IPS
画面サイズ : 対角 17.8cm (7.0型)
画素数 :          1200 (横) × RGB (W) × 1920 (縦) (WUXGA)
精細度 :           323ppi
製品外形寸法 : 98.7mm (W) x 160.8mm (H) x 1.8mm (D)
色再現域 (NTSC比) : 72%
額縁寸法 :       左右 1.4mm
コントラスト比 :  1,800:1
視野角 :           上下左右160度以上 (CR>100:1)
ディスプレイ表面輝度 : 500cd/m2 (low power モード時) 1000cd/m2 (outdoorモード時)
消費電力 : 690mW (low power モード時) / バックライト 550mW / パネル140mW