DigiTimesによると、 韓国LG Display(LGD)は7億8800万ドルを投じて有機EL(OLED)の生産ラインの能力を拡大させるという。2014年下期中に、韓国Pajuにある第8世代(8G)OLEDラインを月産3万4000シートに引き上げ、需要の高まりに応えていく模様。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


韓国LGディスプレイ(LGD)のハン・サンボム(韓相範)最高経営責任者(CEO)は2014年6月25日、韓国パジュ市の拠点で会見し、有機 EL(OLED)ディスプレイの増産に7000億ウォン(1ウォン=約0.1円)を投じることを明らかにした。パジュ市にある第8世代工場のOLED生産 能力をガラス基板で単月3万4000万枚まで引き上げる。台湾の経済紙『工商時報』(6月27日付)は、LGDが米アップル(Apple)のスマートウ オッチ「iWatch」用のフレキシブルOLEDディスプレイの供給を独占したと報じている。