自動車のインテリアに採用されるLED光源は、標準装着ではなく、オプション装着が中心となっている。
しかし、欧州自動車メーカーの高級車を中心に、車内演出を目的とした「アンビエントライト」の標準搭載が増加している。
アンビエントライトは、ダッシュボード、センターコンソール、サイドドアの縁などに、LED導光板を搭載する空間演出の手法である。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


自動車メーカーはインテリアで特定の色をシンボルカラーとして用いるケースが多いが、RGBタイプのLEDの採用により、空間を彩る色の多様化が見込まれる。
日本市場におけるアンビエントライトの採用車種は、BMW、Mercedes-Benz、Volkswagenなどの輸入車が中心であるが、国内自動車メーカーも追従するかたちでアンビエントライトを導入する見通しである。