LG電子が5日、米グーグルと戦略的な協力関係を強化するため、広範囲な事業・技術に対するクロスライセンス契約をこのほど締結したと発表した。両社が保有している特許だけでなく、2023年まで出願する特許の共有も含む包括的な契約だ。
 これによりLG電子は、グーグルが保有するスマートフォン基本ソフト(OS)のアンドロイドやデータ処理、通信、情報セキュリティーなどの特許を、自社のスマートフォンやタブレット端末、ウェアラブルスマート機器、モノのインターネット(IoT)などの事業分野に積極的に活用できるようになると見込む。また、既存事業の国際競争力の強化にとどまらず、将来の事業の準備にも弾みがつくと期待する。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


 グーグルとしては競争力が比較的劣るハードウエア事業を強化し、モバイル機器市場でアンドロイドの主導権を安定させられるものと、業界は予想している。

 LG電子の特許センター長を務める李定桓(イ・ジョンファン)副社長は、「革新的な製品と技術の開発において両社の協力が強化され、究極的には消費者の暮らしを変える価値の創出に寄与できることを期待する」とコメントした。