東レは1月13日、高輝度白色LED用蛍光体シートを開発したと発表した。白色LEDは、青色LEDと黄色蛍光体あるいは赤・緑色蛍光体を組み合わせて白色発光させるのが主流で、パッケージング工程には、蛍光体分散液を用いたディスペンス方式やスプレーコーティング方式が主に採用されている。
これに対して同社は、独自の蛍光体分散制御技術により、シリコーン樹脂に各種蛍光体を分散させ40μm厚以上に成形したシート状のものを、基板上のLEDチップにラミネートしてから封止・パッケージングする手法を開発。さらにシリコーン樹脂の屈折率を制御することにより、輝度を10%以上向上させることにも成功した。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


その結果、LED発光面に効率的に高濃度の蛍光体を充填した薄膜の形成が可能なことから、従来のパッケージング工程と比べて、色ばらつきを1/10に抑制。従来の蛍光体を分散させたシリコーン樹脂による封止と比べ、蛍光
体の使用量を大幅に削減できるメリットがある。
「例えば、赤色蛍光体などの100~200万円と高価な蛍光体の使用コストを2~3割削減でき、半減が可能なケースもある」(電子情報材料研究所 主席研究員 山本哲也氏)としている。フリップチップ実装やウェーハレベルLEDの一括ラミネートが可能な他、従来のワイヤボンディング接続のLEDチップに対しても、「シート上にワイヤ用の穴を成形することでパッケージングに対応している」(同氏)という。