net米アップルは4月に発売予定の腕時計型ウエアラブル端末「アップル・ウォッチ」について、アジアのサプライヤーに対し、第1・四半期に500万━600万個の製造を指示した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が関係筋の話として報じた。
主に台湾の広達電脳が組み立てを請け負う。 WSJによると、全3種類のうち、エントリーレベルの「アップル・ウォッチ・スポーツ」が生産量全体の約半分、中間モデルの「アップル・ウォッチ」が3分の1を占める。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


最高級の「アップル・ウォッチ・エディション」は、第1・四半期の注文数が比較的少量になると見込まれているが、アップルは第2・四半期に月間100万個超の生産を計画しているという。 アップルのコメントは得られていない。

[参考記事]  【眉唾記事】スマートウォッチ、2020年に700億円市場へ