net2日付の韓国紙エレクトロニック・タイムズは、米アップルが発売する腕時計型ウエアラブル端末「アップルウォッチ」について、韓国のLGディスプレーと、サムスン電子の子会社サムスン・ディスプレーが、スクリーンを供給する見通しと報じた。
同紙によると、LGディスプレーは、4月発売の「アップルウォッチ」に、有機EL(OLED)スクリーンを単独で供給する、という。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


サムスン・ディスプレーは、今年下半期か2016年初頭に発売が見込まれる次世代「アップルウォッチ」のサプライヤーになる見通し。LGディスプレーとサ ムスン・ディスプレーは報道についてコメントを拒否した。アップルからのコメントは現時点では得られていない。アップルは、3月9日開催のメディアイベン トで「アップルウォッチ」を発表すると見られている。「アップルウォッチ」は2010年の「iPad(アイパッド)」以来の大型新製品と位置付けられてい る。