米系調査会社IDCによれば、ベトナム国内に輸入されたスマートフォンは昨年、1,160万台で前年比57%増だった。伸び率は、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内で最大となった。
スマホの輸入台数は携帯電話全体の41%で、今年はスマホがフィーチャーフォン(従来型携帯電話)を抜くとみられる。
IDCの調査は公式ルートで輸入された携帯電話のみが対象。ただしIDCは、通関申告されていない非公式ルートによる入荷もかなりあるとみている。多くは米国、香港、シンガポールなどから輸入されている。
2013年の非公式ルートでの輸入は、金額ベースでスマホ輸入全体の24%を占めている。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村