大日本印刷は、「第6回 高機能フィルム展」(2015年4月8~10日、東京ビッグサイト)において、入射光を特定の方向に拡散反射させるフィルムを展示した。
 このフィルムの表面には、電子線描画技術で作成したサブμmレベルの微細な凹凸が形成されている。微細な凹凸の形状によって、入射した光を拡散反射させる方向を自由に設計できるという。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


 展示では、拡散反射する方向を狭めた狭視野角版のフィルムと、広く拡散反射する広視野角版のフィルムに、それぞれピコプロジェクターの映像を投影し、見え方が全く異なるデモンストレーションを行った。
用 途としては、イベントや店頭装飾用サイネージ、ピコプロジェクター用スクリーン、車載スクリーンなどを挙げている。ただし、「われわれの想定していないよ うな利用法があるかもしれないので、展示会に出すことで来場者の意見を聞きたいと考えている」(同社の説明員)という。