apple watchアップルがApple Watchについては、多くの部品でバックアップのサプライヤーを準備せず、単独企業に発注している可能性が浮上しています。

投資銀行UBSは、Apple Watchを分解した結果、アップルが多くの部品において単独のサプライヤーを利用しているようだと結論づけています。
 
特にOLEDディスプレイについてはLG Displayが唯一のサプライヤーであるとされているほか、タッチセンサーを提供しているのはTPKのみといわれています。
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


またアプリケーションプロセッサとメモリを含むシステムインパッケージ(SiP)は、USI(Universal Scientific Industrial )上海が単独受注しているようです。

UBS のアナリストであるNicholas Gaudois氏は、これまで主要な部品について常に複数のサプライヤーに発注を分散してきたアップルとしては、これは異例なことだと述べています。同社 は注文を分散することで、歩留まりや生産上の問題に対処し、コストを削減してきたのです。
 
またUBSは、ワイヤレス接続部品では Broadcomが、心拍モニターではMaximが、またタッチパネルコントローラではAnalog Devicesがそれぞれ単独のサプライヤーだとしています。ただしタプティックエンジンについては、中国のAACテクノロジーズと日本電産の2社が供給 しているようです。