2014year_tablet IDC Japanの調べによれば、2014年の国内タブレット端末の出荷台数は前年比8.0%増の804万台となった。
教育市場を中心とした需要が拡大し、法人市場のみでは前年比56.7%増の235万台であった。
一方で個人市場では、Android搭載機種を中心としたタブレット端末の販売不振から減少傾向が続いた。  
ベンダ別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のアップルが年間を通して安定した出荷を続け44.3%、2位はAndroid搭載とWindows搭載の投入を並行させたASUSが10.3%、続いて3位富士通が8.0%、4位はソニーの6.5%、5位が5.6%のNECレノボであった。

20144Qtablet 2014年第4四半期(10~12月)の出荷台数は、前年同期比9.8%増の245万台となった。ベンダ別市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位が44.9%でアップルが首位を堅守、2位は富士通8.3%、3位はASUSで5.9%であった。
通年と比較して、2位と3位が入れ替わっている。  同四半期のプラス成長の主要因としては、法人市場で教育市場向けを中心としてAndroid/Windows搭載機種の需要が拡大したこと、個人市場では市場占有率1位のベンダの出荷が好調であったことが挙げられる。  
今後の見通しに関しては2015年前半、法人市場では教育分野でタブレット需要が更に拡大していく可能性が高い。一方、個人市場は買い替え需要に改善の兆しが見えないため、出荷台数が減少すると考えられる。