韓国LGエレクトロニクスは高出力太陽光パネルを日本市場に投入する。7月から出荷を開始し、2016年3月ごろには単結晶シリコン製として世界最高レベルの出力の320ワットのパネルを投入する。狭い設置場所や低い買い取り価格でも売電収入を得ようと発電量を重視する新規事業者に高出力パネルを提案する。  
LGのパネルは6インチ角の太陽電池セルを60枚組み合わせたサイズ(1・6×1メートル)。7月から日本の太陽光発電所向けに305―310ワットの出荷を開始。10月には315ワットを投入し、16年3月ごろには世界最高レベルの出力の320ワットを発売する。
 

6インチセル60枚構成のパネルは海外メーカーの標準的なサイズ。同じサイズで出力が高ければ、パネル1枚でより多く発電できる。LGと同じ単結晶製で同 サイズの他社製パネルは出力260―280ワットが多い。LGはこれまでも最大305ワットのパネルを日本市場で販売してきた。  
新パネルはセル表面にある配線(バスバー)を極細にし、従来の3本から12本に増設した。バスバーは発生した電子を集めて取り出す電極。増設によってバ スバー1本に集中する電子を減らし、抵抗を抑えてスムーズに電流を流して高出力化した。  48枚構成と54枚構成のパネルの開発も進めている。ともに日本で住宅用に売り出す計画。LGは48枚を250ワット規模にする見込みで、住宅用途でも 競合しそうだ。