Panasonic PDP 5 パナソニック プラズマディスプレイは、2015年10月7日に株式会社センターポイント・ディベロップメント(CPD)が組成する特定目的会社「尼崎プロパティ」と、PDP第5工場(P5)の建物譲渡に関しての変更契約を締結した。
 P5は、2014年3月31日に譲渡契約を締結した後、契約実行のための諸手続きなどにより譲渡時期を延期していたが、今回、変更した契約を結んだ。



譲渡先は、新たに組成された特定目的会社PASSATとなる。譲渡時期は2015年10月末日を予定している。
P5の延床面積は27万7000m2(地上6階建て)。2009年11月に操業を開始、2012年3月に生産を停止した(2013年12月にプラズマディスプレイの全生産を終了)。