PV finished
苦境に陥っているソーラー発電企業2社を見てほしい。Hanergy Thin Film Solarの株式は取引停止となり、SunEdisonの株価は85%下落した。両社とも業界の注目株で、投資家たちに高い利益をもたらしてきたが、今やその価値を大幅に下げている。
日本やドイツでも状況は同じだ。ソーラー発電は成功していると評価されるが、「ドイツは政府の規制と公的支援の組み合わせによって、世界のグリーンエネルギーのリーダーになれた」といった皮肉もある。


ソーラー発電に懐疑的な人々の視線は厳しい。ソーラー発電のコストは高く、予測不可能で経済効率が悪いと指摘する。米国でもいくつかの州ではソーラー発電のシェアが増えているが、コストの削減圧力は次第に高まっていくだろう。
Move to original source