0-66-evf-ultimicron-sxga_1セイコーエプソンは、電子ビューファインダー向けのTFT液晶パネル『ULTIMICRON』シリーズの新型『L3FJ63800C』の量産出荷を開始しました。 『ULTIMICRON』は、ミラーレスカメラやカムコーダーなどの搭載された電子ビューファインダーに使用される、高温ポリシリコンTFT液晶パネルです。
カラーの表示にはカラーフィルター方式を用いており、カメラを振るなどしてファインダー像が素早く動く際に発生するカラーブレークアップ現象が原理的に発生しない点が特徴。
今回発表され新型パネル『L3FJ63800C』は対角0.66インチで、解像度はSXGA+(1400×RGB×1050、441万ドット)。電子ビューファインダー用量産品の中では、世界最高の解像度としています(2015年11月調査時点)。



従来製品の中でも解像度が高いパネルはXGA(1024×RGB×768ドット)でしたが、『L3FJ63800C』は約2倍となる解像度を実現していま す。
 約1677万色を表示するほか、色域は従来製品より約30パーセント拡大し、色空間はRGBカバー率98パーセント。表面輝度は650cd/m2、画素 ピッチは9.6(3.2×RGB)×9.6μm。
高解像度な電子ビューファインダーが搭載されれば、撮影時に狙ったところへピントを合わせやすくなり、ピントの合っている部分、
いわゆるピントの山が掴み やすくなるので、より正確に、自分の思い描いた通りに撮影できるでしょう。ちなみにULTIMICRONはこれまで、オリンパスやライカのミラーレスカメ ラなどに搭載された実績があります。