国土交通省は、2016年6月を目処に自動車ミラーを車載カメラで代用することを認める方向で、自動車の保安基準を改定することを検討している。
現在もバックミラーやサイドミラーと併用するかたちで車載カメラの搭載が進められているが、保安部品としてミラーの搭載が義務付けられていた。
サイドミラーのカメラ代替が実現することにより、助手席側の死角をカバーするブラインドスポットモニタリングの標準搭載、歩行者とミラーの接触防止、空気抵抗の減少による燃費向上などが期待される。

一方、完全なミラーレスになった場合、カメラとモニターを繋ぐ車内LANの高速化や、誤操作・誤動作による障害が発生した際の安全性確保などが課題となっている。
ミラーレス化により、1台当たりのディスプレイの搭載枚数が増える流れとなることから、法規制改定後の自動車メーカーの取り組みに注目が集まっている。