シチズン電子は、70,000ルーメン (lm) を超える世界最高クラスの大光量LEDを開発した。
本製品「CLU550」は、アルミ基板に直接LED素子を実装する「COA(チップ・オン・アルミ)パッケージ工法」を採用することにより、従来製品に比べて光量を2割ほど高めている。またLEDチップの高密度実装技術を極めることで、同一面積に実装できる素子を45%程度増加させている。



LED照明の普及に伴い、水銀灯やHIDランプを使用するスタジアムや高天井向けの照明器具・灯光器においてもLED化が進められている。
これらの器具は、700W~1.5KW相当の明るさを持つ製品が主力であることから、高光束COB LEDを中心に開発が進む見通しである。