国内液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)が、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルを手がける国内メーカー「JOLED(ジェイオーレッド)」を買収する方向で交渉に入ったことが25日、分かった。
 JDIはシャープの液晶部門との統合を検討してきたが、シャープが鴻海精密工業の下で再建することになり、方針を転換した。2016年度中の統合を目指す。



nkx20150220 有機ELパネルは液晶パネルと同様に、テレビやスマートフォンの画面に利用されている。液晶に比べて部品が少なく軽量薄型にできるほか、鮮やかな色を表示できることから、液晶に替わるパネルとして期待されている。国内メーカー同士の統合により国際競争力を強化し、先行する韓国メーカーに対抗する狙いがある。