パナソニックは、HDR対応でVIERAシリーズ最高画質となる液晶テレビ「DX950シリーズ」を4月22日より発売する。65型の「TH-65DX950」、58型「TH-58DX950」の2モデル展開で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は65型が80万円前後、58型が50万円前後。

DX950シリーズは、2014年発売の「VIERA AX900」の後継機で、「VIERAシリーズ最高画質」を謳うフラッグシップシリーズ。4K/3,840×2,160ドットのVAパネルと高輝度な直下型LEDの採用に1,000nitを超える高輝度化を実現し、ハイダイナミックレンジ映像の「HDR」に対応した。ローカルディミング(LEDの部分駆動)にも対応し、制御エリア数はAX900の4倍に増やし、黒の沈み込みを向上。「自発光型のデバイスに迫る高コントラスト性能を実現した」という。



 また、日本国内で初めてUltra HD Allianceによる「Ultra HDプレミアム認証」を取得した4Kテレビとなる。同認証で定められた、1,000nit以上の高輝度と、黒レベル0.05nit以下、HDR対応、 BT.2020入力対応でDCI色域90%以上、解像度4K(10bit入力対応)を満たしている。

 最高画質のDX950シリーズと、ハイレゾ対応のサイドスピーカーを搭載したDX850シリーズが、日本生産のVIERA上位シリーズ「JAPAN PREMIUM」となる。

 DX950シリーズの最大の特徴は、業界最高クラスという高輝度と、それを活かしたコントラスト性能。

  液晶パネルは、3,840×2,160ドットの倍速対応VAパネル。AX900の1.4倍の輝度をもった直下型の高輝度LEDバックライトの採用により、 1,000nit超の明るさを確保。さらに、ローカルディミングのエリア分割数は、AX900比の4倍まで増やし、こまかなエリア制御が可能となったこと に加え、バックライトの各エリアに壁を設けた「井桁構造」により、隣接エリアへの光の干渉を抑制、また、バックライトLED前面に配置した「フラッター」 と呼ばれるシートにより、画面を均一に発光させることで、よりメリハリある映像表現が可能となるとする。

 このコントラスト性能を活かして、HDR信号の表現力も向上。鮮烈な“輝き”と引き締まった“黒”を両立し、Ultra HD Blu-rayのHDR映像などをリアリティ豊かに表現するという。

  高輝度、高コントラスト性能を活かして、テレビメーカーや映画スタジオなど35社以上が参加する「UHD Aliance」による4K再生の映像品質を保証するプログラム「Ultra HD Premium」認証を国内テレビで初取得。「DMR-UBZ1」などのUltra HD Blu-ray映像も高画質に再生するという。また、映像配信サービスにおいても、NetflixやAmazonビデオ、ひかりTVのHDRコンテンツに 対応する。

 パネルの表面処理はクリアパネルで、コントラストを向上。また、LEDバックライトは、新赤色蛍光体の採用により色域を拡大。深みのある赤色の表現を可能としながら、あわせて中間色の色合いも向上した。