LGは、有機ELディスプレイを採用した4Kテレビ3機種を5月27日より順次発売します。

4月13日に発表した新製品で、今回、正式に発売日が決定しました。ラインナップは平面型のハイエンドモデルで65インチの『OLED 65E6P』および55インチの『OLED 65E6P』。また、昨年日本で初登場となった曲面型テレビの新モデル『OLED 55C6P』も同時発売となります。

予想実売価格はOLED 65E6Pが97万1870円前後、OLED 65E6Pが75万5870円前後、OLED 55C6Pが50万7470円前後。



本機の特徴は、HDR技術によって鮮烈かつ自然な発色を実現している点です。また、有機ELを採用したことで、黒の色がより引き締まりメリハリのある映像が楽しめるのも魅力と言えます。

映像を楽しむ上では欠かせない音響に関しては、OLED E6Pではフロントに20Wスピーカー1基と10Wのサブウーファーを2基搭載。 迫力のある音からバラードのような繊細な楽曲まで堪能できます。

エリアごとに調光する液晶よりも、細かいところまで調光できるのが有機ELの利点です。10億色以上の色再現力の高さも相まって、より美しい映像が満喫できるのは嬉しいですね。映画も"映画館で観るより自宅で鑑賞したい"という気分にさせてくれるかもしれません。